Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

久美度邇興して生める子は(あさき、ゆめみし・4) 

 

壱人、霖ルートクリアにてコンプ。
BAD ENDや称号取得などで色んなモノが見れそうなのですが
やはり幸せに終わりたいので、そのままスルーということに(爆)

『あさき、ゆめみし』ですが
敵味方関係なく、登場人物の背景をしっかり作りこんだ
とてもいいソフトでした。
だから敵キャラとの恋愛も突飛じゃなく「有り得る」と思わされます。
…もう少しじっくり描いてくれてもよかったかもしれませんが(笑)
主人公の血の悲惨な過去の出来事などが
薙羽哉ルート以外でも出てくれば
もっと主人公に思い入れが出来たかもしれません。

どの攻略キャラも主人公と合うように思いましたが
個人的には救われるモノも多く、敵とほぼ互角で戦っていた
高虎ルートが一番盛り上がりました。
キャラの思いの深さからだと愁ちゃんもいいかもですけれども。
あと、安綱と風鬼ENDが見てみたかったです。
頑なな鋼が熱によって鍛えなおされるサマとか
主人公と妹に翻弄されつつ穏やかな日々を送るとか…ねぇ?

この間、平川ボイスに起こされるという
気持ちよい夢を見て、朝からいい気分だったので(笑)
次は是非に平川さんご出演なソフトをプレイしたいです。
『ヒイロノカケラ』が安価で購入出来たので、そちらか
『ハートの国のアリス』あたり?
平井達矢さんでも個人的にヨロシイので
『すみれの蕾』あたりでもいいんですけれども。
あぁ、でも『FF7』もやり直したいんですよねぇ…。
どうしよう、明日考えるか。


拍手、ありがとうございました。
・壱人
壱人と対峙した際の体の中から沸くタギる思いとは
一体どこから、何が原因だったのでしょう…(汗)
壱人を使役鬼とするというENDも意表を突かれましたし
訳がわからないまま惹かれあう2人だからこそ
ドキドキ感もありましたが、主人公は迷いがあるままなんですね。
「GOOD END」と表記されない理由は、そこなのかも。

壱人の過去をもっと知れるんだと思ってたのですが
高虎ルート以上のことは知れないまま終わったのが残念です。
4つあるというENDの1つしか見なかったせいなのでしょうか?
魂だけ200年彷徨った理由が明らかになれば
彼がイチオシだったかもしれなかったのに(笑)

風鬼に「明日待ってます」って言われてるのに
壱人と約束して、そちらに向かうのには抵抗がありました(爆)
でも、風鬼のところに行っても
BAD ENDしか迎えられないみたいなんですけどね。

・霖たん(笑)
薙羽哉と対になるのは愁一郎じゃなく霖たんなんじゃなかろうかと
全てを終えた後に肩を叩いて「幸せになれよ」と言ってくれた
薙羽哉の姿を見て、思いました(爆)
彼は前世のことをきっと知っているのに敢えて黙って
主人公の背中を押してあげてるんだ、と何故か思えてしまって。
だもんで、霖たんルートの後に
も1回薙羽哉ルートやると何か違った感想になるかもです。

失うモノも多く、村に被害も出たりしましたが
それでも、今までのお話をまとめるような展開でした。
霖たん自身もサミシイ王子様でしたが(爆)
主人公がいなくなった後の寂しさは
「情」を知らなかった頃の寂しさとはまた違って
甘く切ない響きも伴っているんだろうなぁ、と感じました。
『遙か4』にカグツチやヒルコの伝説は使われていましたが
こちらも、それらがモチーフになった感じがありましたね。
『葦の舟の「アシ」は善し悪しの「ヨシ(葦)」であり「アシ(葦)」でもある』
ってなノダヒデキの言葉を思い出しました。

個人的にコニタンの高めで優しげな声は好きです(笑)

category: 乙女 あさき、ゆめみし

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。