Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

早々に(はかれなはーと・3) 

 

尊ルートクリア。

三択の選択を全て答えてるせいか
スキップしてのクリア時間は1時間半になりました。
残ってる昴&国谷センセルートのプレイしようと思いましたが
凌也くんルートの盛り上がりだけ見て終了、としました。
テラルートを見ていないので
妖輝石が何故テラの元から落っこちたのか、とか
ヒトの物語にテラが介入する理由とか、わからないままですが
もういいや、と思いまして(爆)

絵がイマイチ好みではなかったので
購入をためらってはいましたが、面白かったです。
初め、ドンドン同居人を増やしていく母親の舞さんに
かなり拒絶感(?)がありましたが
途中から気にならなくなりましたし。
ワイワイガヤガヤの楽しい集団行動から
一転してシリアスになっていく過程もよかったです。

全ての能力を捨てて主人公に夢をみさせてくれるルイザルート
全てを失ってからやっと最初の一歩を踏めた凌也ルートが面白く
モノガタリとして1番よく出来ていたのは晴音ルートだったと思います。
横浜を彷彿とさせる背景が懐かしく思いました。


次は『プティフール』をプレイする予定。
・尊くん
何か中途半端っぽいイメージがぬぐえないのは
主人公の命が僅かだって設定がなかったのと
2組の敵に追われたまま
何年も経ってたEDだってせいなのかもしれません。
あと、すごく期待してたせいかも…(汗)

頭グリグリしたくなる弟分だったんですけどね(笑)
イトケンのショタキャラ…いや、すっごい頑張ってましたけど。
(『緋色の欠片2』の演技がパーフェクトだと思ってるので…内容はアレでしたけど)
エピローグがいきなり年食ってて驚きましたけどね。
声が普段のイトケンの声になってたので。

category: 乙女 はかれなはーと

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。