Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

古き京に、一人の愚人有き(あさき、ゆめみし・3) 

 

高虎ルートと三鬼ENDクリア。

自分の状態でゲームに対する感想が変わることに
今更気付いた今日この頃(爆)
高虎ルート、今までプレイした中では1番よかったです。
攻略相手が変わるにつれて敵キャラの背景も見えてくるのですが
ミクと壱人の過去もとても切なかったです。

『日本霊異記』と何となく雰囲気が似てるなぁ…と思うのは
伝奇モノだからなのでしょうかね。
・高虎
途中、三鬼に話を乗っ取られるのではないか?とも思いました(笑)
高虎は普段ツン、だけど意表を突いたところでデレ。
登場人物が3人増えてゴチャゴチャになるかと思いましたが
そうではなく、敵と互角の力での最終決戦も迫力がありました。
主人公の行動も爽やかで、活躍の場もあるし
最終的に敵になるミクと壱人の過去が哀しく
(壱人はもっと詳しい過去が独自ルートで明らかになると)
胸にグッと迫るものがありました。
三鬼に関しては、これを先にプレイしてしまうと
愁一郎とか酷い男にみえるかもです(笑)
金鬼、可愛過ぎる。

・三鬼
高虎ルートでENDだけが三鬼エピソードになっているもの。
主人公は高虎の恋人にはなっていますが
高虎は一切出てきません(爆)
主人公と楽しく学校生活を満喫する三鬼。
幸せになってよかったなぁ…三鬼(笑)

category: 乙女 あさき、ゆめみし

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。