Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

名残の夢(あさき、ゆめみし・2) 

 

祇王・愁一郎ルートクリア。
高虎ルートももうそろそろ終わり…といったところ。

『Starry☆Sky〜Summer〜』は3バカENDを見て
(感想をすっかり忘れていました・汗)
犬飼くんのいう「夏は過ぎるのが早いから云々」という
セリフに、過ぎ去った10代を思い起こしたりしてました。
なんで、3バカ単体で攻略出来なかったのか…残念です。
(Winterで犬飼くん再登場しそうなんですけどね)

さて、『あさき、ゆめみし』ですが
攻略を進めていくにつれて敵味方の内情が明らかになってきて
おもしろくなってきています。
ラストの戦闘シーンは主人公サイドの圧倒的勝利になるので
緊迫したシーンとか少ないですが(乙女ゲーだもんね・汗)
悪を働くにも理由があり、善の方にも罪がある
そういうエピソードを盛り込んでて
単純な勧善懲悪モノ(?)になってないところがよいです。
それに音楽も効果的で
OPやED曲もワタシの好みのものでした。

今のところ3つのENDを見ていますが
キレイに浄化して終わる薙羽哉ルートがやはりメインですね。
でも、敵全てを救えるわけではないんですけれど。
アヤと千方は薙羽哉ルートで
三鬼は高虎ルートで救うことが出来たので
背後を垣間見せてもらったカガチと壱人
すっごいワケありみたいな霖たんを楽しみにしています。
・祇王
祇王が思いを寄せる理由、主人公が思いに気付く理由
それが流れるように出てきてたのがこのルートじゃないかな、と。
薙羽哉ルートだと守られてばかりの主人公も
ヒトを怖いと思う祇王だと守るサイドになるので動きがあって
だからワタシもプレイしてて気持ちよかったのかもしれません。
あと、人に虐げられていた祇王が初めて人(主人公)を信じる
その表情(スチル)がすごく良かったせいもあると思います。
でも、戦闘では祇王が無敵になるので(汗)
しかし、先生か…生徒じゃないんだ(笑)

・愁一郎
祇王同じく長い間主人公を思ってたクチの方なので(笑)
個人的にそういう人と主人公はくっつけばいいと思う方なので
まぁ、何もさせてもらえないのは何なんですけど(爆)
彼とくっつけばいいのに…と思いました。
退魔師としてはスゴ腕でも人としてダメ?な29歳。
放っておけないおっさんでしたわ…。
彼自身が厳しく己を律してるせいか敵との戦闘では
どう倒されるのか考えると痛々しく見える部分もありましたが
その分気分的に盛り上がったようにも思いました。

戦闘シーンは肝心なところをボカしてくれてるので
凄惨な部分を見ることがなく、そういう部分も
丁寧に作られているな、と思いました。
イチャイチャ部分も同じようにボカされてるので
「この間…一体何が起きた?」って
想像もさせてくれるんですけれどね(笑)

category: 乙女 あさき、ゆめみし

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。