Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ハル 感想(すみれの蕾・1) 

 

3/6 ハル歌劇編感想追加。

ハル学園・歌劇編クリア。
歌劇編は6つあるらしいENDのうち3つ見ました。

『仁義なき乙女』と同じくらい
クリアに時間がかかるのかと思いましたが
プロローグ・学園編・歌劇編・専用ルートと分けることで
1ルートをクリアするプレイ時間は少なくなってるような気がします。
今ロゼゲーやってるんで
長時間プレイに耐性が出来てるだけなのかもしれませんが。
3つのプレイ時間を総合すると『仁義~』ぐらいかかったりして。

学園編→歌劇編と順当にプレイしてってるんですが
歌劇編に入ると学園編での設定が「なかったこと」になってて
あれはパラレルだったんかい!?…と驚きました。
カナデ、メインヒーローなのにいないことになってる…∑(゚д゚;)
学園編なくてもよかったんでないかい?と思わなくもないですが
平井さんの可愛い演技が聞けたのでヨシとするか(笑)
あと、歌劇編は何故かMAP&ターン制になってて
エピソードがブチ切れ、取り立てて当たり障りのないモノばかりなので
あれだったら普通のシナリオ方式でよかった気がします。

一応、歌劇編まで終わって思ったのですが
セイはなかなかR-18キャラとしてプレイするのはキビシイかも…(笑)
すっごくイイヤツ、真っ直ぐなヤツだとは思います。
だけど、毎回一般道で見得切られるのはツライ。
こんなヤツとあんなことやこんなことやってるのかと思うとツライ(笑)
学園編は一応全員プレイするつもりですが
歌劇編はカナデとトウワ、BAD以外のユキルートで終わるかもしれない。

以下、ハルの箇条書きな感想。
(R-18作品、および下世話な発言アリなので
18歳以下、もしくはそういう発言が苦手な方はご覧にならないようお願いいたします)
生霊(違う)であるはずのユキが何故お給料がもらえるのかが
激しく知りたい今日この頃(笑)

・ハル
読書と文章を書くのがこよなく好きな大人しく心の優しい青年。
不幸属性&対人恐怖症のせいなのか常にオドオドしている…でいいのかな?

■学園編
主人公と持ってるものが似ているせいか
一緒に居てもほわほわしてて穏やかなのがいい。
どっちもいつ恋心を持ったのかわかりにくいけど
しかもあのトウワが2人をくっつける為に
一役買うとかありえないとも思ったけど(笑)
まぶたにキス(メガネあるのに?)のENDも
一緒に写真撮るENDもすごくよかった。
もう、このまま愛欲に塗れなくていいよ…(ヲイ)

学園編で一瞬だけ主人公の弟への思いに対し嫉妬に駆られるシーン
彼の瞳の色が深くなるって描写が今後の歌劇編へ繋がるのかな?
自分に自信がない分、色々なものを押し込んでそうなので
それがバンと壊れた時どうなるか見てみたい。

■歌劇編
ハルは芽生えの季節なのと同時に桜の狂う季節だし
月は控えめな印象を受けるけどやはり狂気のルナでもあるし
こういうの勝手に推測して楽しいなとか思うわけです。
あと、やっぱり「富士と月見草」が出てきて太宰が頭から離れない。

「雪景色と二人の関係」
ふつーに過ごしていたらコチラに(笑)
学園編よりちょっと成長した(平井さんはハルが4年分成長した声を出されている)
2人の関係が見れて、関係は短い間によくもまぁって感じだけど(ヲイ)
こっちがBEST ENDだと思ったのに描写が少なくてビックリした(笑)

「僕は月、君は太陽」
…で、多分コチラがメインなんだろなーな監禁&陵辱→復活END(笑)
簡潔ながらも何故ハルが追い込まれていくのか?って描写があったので
主人公がご無体なことになっても(笑)
ハルの元から逃げ出さなくても納得できました。
てか、ワタシ、ハルが主人公にぶつける言葉の1つ1つが
まるでハルが自分自身を切り刻んでるように思えて痛くて仕方なかったです。
主人公が抱きしめてあげれたらハルが孤独だと思う気持ちも少しは癒えるのに
彼はそれも自分で戒めてしまってるのでね。
主人公の立場じゃなくてハルの立場になってどうするんだって話なんですが(笑)
泣きながら主人公を汚すシーンは平井さんの演技が圧巻。
あっちとこっちを彷徨うセリフも少しトーンを変えるだけで表現されてるし
名前を呼ぶセリフの時に「……」て息遣いだけ入れてるのもすごくよかった。
ただ、ものすごく繊細なハルをもうホンットに丁寧に演じてくださってるので
反動でエロシーンのエロさが「あれ?何かエロス」って思えたのは
ワタシが慣れてないだけなのかな…。
でも『ディアラバ』先にプレイしてなければ音声切ってたかもなのでありがとうディアラバ(笑)

「悲しみの果て」
主人公の曖昧な言動で遂にハルが壊れあっちへ旅立つEND。
ラストの「君を愛してる。けど、世界一憎んでいるよ」のセリフより
「何でこうなっちゃったんだろう。何で僕だったんだろう」のが怖かった。
そう遠くないうちに主人公、殺されちゃうなーと(ヲイ)
平井さん、感情一切入れてなくて、それがまたハルを哀しく魅せている(ワタシだけ?)

多分、仕様なのだと思いますが主人公口下手が過ぎるよね(笑)
言わなきゃいけないこと言わないし、後でもいいこと先言うし。

あと、ハルの裸体スチルの体の線が細くて(他もそうだったらアレだけど ^^;)
いいなぁ、文学青年とか思った(笑)


category: 乙女 R-18 すみれの蕾

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。