Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ミラー 感想(魔法使いとご主人様・4) 

 

2/26 拍手コメントに返信させていただきました。
 お心当たりのある方は追記をご確認ください。


ミラークリア。

半年ほど前に友人と占いをしてもらいました。
「あなたは中身が男性で女性的な『尽くす』という観念がない。
(某女性代議士のミニ版と言われた ^^;)
明治時代のような男尊女卑だと男性に歯向かって弾圧されるタイプ」
「ダンナさんが強く出たら『何で合わせる必要があるの?』って思うタイプでしょ?」
…と占い師に言われたので
「いえ、『むしろお前が合わせて来い』と思います」と答えたら
「あなた、100年前に生まれてこなくてよかったねー」と笑われました。
女性からすればキツイ性分だけどサービス精神も豊富なので
現在何とかなってるそうです(このサービス精神ってのも色んな意味でポイント高いの…)
占い自体はアトラクション感覚で臨んでいるので好きなのですが
結果をまんま信じたりとかアドバイスとかあまり参考にしないタイプです(^^;
でも、これ以外にも漠然と感じてた自分の性分を言葉にしてくれたので
「あ、やっぱ自分てこーゆーヤツなんだ」とこの年になって確認できた気がします。
…そこまで言っておきながら占い師の名前とか全く覚えてないんですが。

何でこんなこと思い出したのかというと
ミラールートがそんな感じだったからです(笑)
このお話って攻略相手を変えるごとに
主人公の持つ一面が見えるような仕組みになっているのだと
勝手に推測しているんですが、まぁ…アレだね(笑)
主人公と自分を同化するというプレイはあまりしないんですが
もし、ワタシが主人公だったらエンディングは確実に放置プレイです(ヲイ)
詳細は追記にて(笑)

次はハワードルートを攻略しようと思っているのですが
『すみれの蕾』のハルルートのみプレイしようと思っているので
再来週から昼にも家族がいるという春休みに突入するのでR-18はそれまでに済ませたい(>_<)
プレイ速度は今よりもぐっと落ちていくと思われます。
今までが早すぎたんですよね、ここ数年ない速度だったし。
残り2キャラいますが、好きキャラは多分変わらないでしょう。

以下、ミラー感想。

・ミラー
主人公の幼馴染で現在ちょっとしたことで喧嘩になってしまう仲。
見た目は麗しく、貴族的な振る舞いも多いが努力家でもある。
セラスルートでの対立Ev.で既に彼の切ない思いは垣間見れるので
それが報われるといいな…とは思ってたんですが。

子供の頃からずっと主人公に恋してきたのに無理やり引き離され
身分違いのせいで一緒にいることも叶わない
突出した才能もあるわけでもないので上から認められるものもない
唯一一緒にいるためには彼女の従者になるしかない…ってな思いで
彼はずーっと努力していってたわけなんですが
主人公からしたら幼馴染ということで気安く思っていたミラーが
自分に何も言わず、自分が追いつけそうもない世界に
勝手に旅立ってしまったと恨んでいるんですね。

素直になれば縺れた糸も簡単に解けるのにと思い
つい厭味と小言の連打を繰り出すミラーに序盤はイライラしてたんですが
背後に見える切ない思いってのもわかるんだけど
中盤あたりからクラスメイトまでわかってるミラーの思いを
主人公だけが気付かないという、恐るべき鈍感ぶりを発揮して
途中から主人公にイライラしてました(ヲイ)
後半一線を越えてしまうEv.があるのですが
今までのゴタゴタがあった分、主人公の言動が理解できないミラーに対し
「分かって…」って主人公が言うので
むしろお前がわかってやれ。
…と思いました、ええ、シーン的には美味しいけどイライラした面持ちで(笑)

エンディング見るまではセラスもミラーも
「自分が見れなかった主人公を見れていたアイツが憎い」ってのが底辺にあって
過去のことでどうしようもない分憎しみも薄れないだろうから
一生、セラスとゴタゴタやるよりは主人公を忘れた方がよくね?となってたんですが
セラスとの喧嘩の果てに「毎晩(主人公を)汚して、いい声で啼かせてる」との暴言も
ああいう状況だからせめて言わせてやろうよ…ぐらいの思いで読んでいた(ヲイ)

主人公に押し倒され一晩喘がされてたシーンを見るにつけ
あぁ、彼らはこれでいいんだ…とストンと胸に落ちました(笑)
主人公があんなに彼の思いに鈍いのも、自分がスルーすることで見れる
苦痛や悲しみに歪む彼の顔が綺麗で好きだと(無意識にでも)思ってたせいなんだろし
どんだけ(精神的に)辛い目に遭わされても彼女を許してしまう
子供の頃から(結果的に)主人公に振り回され続けてきた彼にとって
辛酸の先にある甘い果実を時々手に入れることは幸福なんだろな、と。
神の獣であるセラスを追い出すために自分が努力するってのも
ある意味究極のドMプレイだしなぁ(笑)

近藤さんは言葉の裏にある思いをセリフに醸し出すのが上手いですね。
セラスルートにあるEv.からしてもう神がかりでした。
主人公の言動にいちいち振り回され
喜びと悲しみのジェットコースターに乗り続けるミラーが一層切なく思えました。
キスの間の吐息とかも壮絶色っぽいし
喘がされてる(ちょっとだけだけど)シーンも
いつもはこのテの演技苦手なんですが、ずっと聞けそうな気もしました(笑)

本文であった放置プレイは
エンディングのミラーお仕置きプレイに関してです。
私だったらいい感じのミラー放置して執務に戻って…(以下規制)ってことで。
だって、ミラーの声、そんな風に思わせてしまうんだもの(ヲイ)


※以下、拍手コメ返信。

>mikuさま
プレイ前にネタバレすいません(笑)
ミラーの受けボイス(?)はまさに「いい声で啼かされている」(笑)ので
一晩中いじめたくなる主人公の気持ちもわかるんですよー。
しかし、近藤さんってすごいですね。
ああいう声が苦手な私の心をS方向に動かしてしまうとは(笑)
ロゼゲーは独特のクセがあるので好き嫌い分かれますが
もしお時間があるようでしたらいつかプレイしてみてくださいね。
mikuさんの感想が楽しみです。

mikuさんのブログはきっちりまとめられている上に
感想が詳細なので読んでいてとても楽しいし参考になります。
私こそ思いつきと感覚でしか感想をあげられないので羨ましいです。
叫びどころも人とは違うみたいでそうそう叫べないし(ヲイ)
ホント、全然ダメなんですよ…
mikuさん…先生とお呼びしても、よかですか?(笑)

これからもよろしくしてやってくださいねー!!

category: 乙女 魔法使いとご主人様

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。