Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

セラス 感想(魔法使いとご主人様・1) 

 

セラスクリア。

昨日乙女ゲーの発売情報を更新してたんですが
何か…こう食指が動くものが少ないですね(^-^;
『DIABOLIK LOVERS』は主人公が気持ち悪かったので
続編(FDではないらしい)は購入しないでいるつもり。

で、この春の購入予定は以下の通り。

2013年3月28日 PSP 死神稼業~怪談ロマンス~
2013年4月18日 PSP 月影の鎖~錯乱パラノイア~
2013年4月18日 PSP アムネシア クラウド
2013年4月26日 PC 冬桜抄(R-18)
2013年5月31日 PC Double Score ~Cattleya×Narcissus~



発売日あたりにGetするのは『アムネシア クラウド』くらいだと思います。
家族に頼まれちゃったんで、こればかりは買わないと仕方がない(笑)

えー『魔法使いとご主人様』の1周終わっての感想など。
とりあえず中身の詰まり具合、ハンパないです。
全200ターン、基本お目当てに訪問するだけの旧型ロゼスタイルですが
攻略キャラのEv.を起こすために必要なサブキャラEv.などを合わせて
2ターンに1回はEv.が起こるような感じになってます。
10ターン経過するのに1時間要しました(笑)
もちろん訪問時のコメントも親密度毎に数パターン用意されているので
スキップの使いどころがない感じです(笑)
ENDは9つ用意されてて、しかも学力違いで見れるEv.も違うようなので
まぁ、これは周回するにはおいおい必要になると思いますが。
ただ、システム面でランダムEv.が多い割にQ.セーブ&ロード機能がないので
直前セーブ&ロードが必要になったり
ターン数確認もセーブして確認するしかないってのがね…何とも言えないかも。

主人公は王女なので終始背筋がピーンと伸びた感じ(笑)
立場上仕方ないのかもですが強気で男性に対しても上から目線です。
そして恋愛臭がしない(笑)
コンプレックスを強さに変えてるヒトなので甘えないし媚びないし
彼女に振り回されることになる男性陣(ミラーとか・笑)に同情を禁じえないです。
そんな彼女だからこそ、女に戻る瞬間(恋愛Ev.ともいう)が色っぽいのかもしれません。

乙女ゲーに皆無になってきている友達付き合い出来るEv.も入ってて
テネロピーやニコール(攻略相手にしてもいいぐらいの男・笑)・ガイと攻略相手含めた学園生活は
「王女」って冠取っ払って本当の自分に戻れるってな感じでよかったです。

攻略相手の中の人に現在イマイチ(^-^;な方がいらっしゃいますが
声の作り方が上手く違和感や拒否感がありませんでした。
個人的にはもっと高いトーンだろうなと思っていたロイド@ゆうきゃんが
好みの低い声であてていたので楽しみで仕方ありません。
あとミラー@コンドーさんのツンデレ演技がやたら上手くて
こちらも楽しみです。

以下、セラス及びマイセン感想。
・セラス
ふとしたことから主人公の使い魔になったドラゴン。
一緒にいる年数が増す毎に主人公を盲愛し現在おかしなことに(笑)

何故に主人公を盲愛するようになったのか
そこらへんの経過がわからないのでアレなんですが
何もかもが違う異種間での恋愛は可能か否か、ってなことを
表したかったんじゃないのかなーと(笑)

学園内では彼の清い「愛情」は貫かれたままですが
エンディングでヒトの清濁併せ持つ「愛情」に変えるべく
主人公が仕向けたり
彼自身もヒトの「愛情」に添う決心をしたことで
愛ある生活が続いていく…って感じになってましたが
その直前のEv.で「つがいになれない…。゚(PД`q*)゚。」って泣いてたのに
アレ何やったん!?って気はしなくもない(笑)
めっちゃ燃えてたんですが。
でも、このEv.で無味無臭だったセラスは実は清いばかりじゃない
他の動物と同じような獣なんだなとわかって
すごく良くできたEv.だなと思ったんですが。

小野Dは人間・ドラゴン(ミニ・標準)の3パターンの声出してて
個人的にも楽しかったです。
声自体が甘いので、使い魔役に合うかなーと思ってたんですが
セラスがド天然だったという事実を知り「合ってる!!」と(笑)
エロいシーンは展開が展開なので少なめですが
キスの吐息とか壮絶甘かった(笑)
最近小野Dのこういうゲームをプレイしていないので新鮮でした。
他のキャストもそうですが、ものすごくいい配役されてると思います。

・マイセン
裏の主役(笑)

ロゼの大陸シリーズでサブキャラとして出張ってる彼ですが
何故に攻略できないのか?ってのがここで明らかになっております。

訳あって(今のところ推測は出来るけど実際どうなのかわからない)命を縮め続ける妹の運命を
彼が肩代わりしているんですよね。
だから(色々あって)ミハエルに喰われ続けているという。
主人公に対する想いが家族愛と異性としての愛情とごっちゃになって
もう凄まじい業になってるので少しは報われてもいいんじゃないか?
もうCERO-Dゲーバンバン出してるんだから近親相姦もアリじゃないか?と思うんだけど
でも報われてしまえば隠しているもの全てを曝け出さなきゃいけないし
もっともっと欲しがってしまうってのもわかるので辛い役どころだなぁ。

END前のEv.で妹の前から姿を消そうとするマイセンが
「お前の1番のしもべは俺だよ」というんですが
ホントにそうだから見てて心が痛かったです。
表向きは主人公の従者である魔法使いを探す内容だけど、探す以前に
主人公はもうマイセンっていう魔法使いを従者にしてるんですよね。
『魔法使いとご主人様』ってタイトル、深いと思いました。

下野くんの演じてるキャラの中では彼が1番好きかもしれない。
『クリムゾン』や『アラロス』で何て胡散臭いんだろうと思ってごめんなさい(笑)

category: 乙女 魔法使いとご主人様

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。