Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

勘助 感想(二世の契り~想い出の先へ~・5) 

 

勘助ルートクリアでひとまず終了。

秋夜ルートから「長い…」と思いつつもプレイしていって
私的に最後になる勘助ルートで「ここが最後でよかった」と
納得してプレイしきることが出来ました…楽しかった。

ライターさんによってシナリオの長さや中身の濃さが違ったので
そこら辺は一体どうなんだろう…と思わなくもない。
本編で個人的にイマイチだった暁月と翠炎ルートが
FDでも最終的にイマイチ部類に入ってしまっていたのも
本来ならばメインヒーローとその友人だっただけに
もっと描くべきではなかったのか?とは本気で思ってますが
最近の乙女ゲーでは少なくなった伏線の回収や
本編で描ききれなかったことをFDで描ききったこと
(でも、本当ならば本編で全て描ききるのが普通なんだよね?FDはあくまでおまけだもん)
そこいらはよかったと思います。
中身がイマイチでも声優さんの演技は素晴らしかったし
背景効果も相変わらず綺麗だしシステム快適だったし。

去年からストイックな男にヘヴィに愛されたい願望があるようで(笑)
雅刀ルートが1番好みでした。
本来ならアタクシ、自他共に認めるヘタレ男子スキーなんですが
実生活で精神的に家族2人を支えている分
妄想までヘタレ男子を支え切れなくなっているのだと思います(笑)
勘助ルートで敵の蛇陣とは知らず主人公が会話するイベントがあるのですが
そこで「雅刀はダメよ。(愛情が)重いから」という蛇陣のセリフに
ホントに蛇の鱗が剥がれました(笑)
あと、これも勘助ルートでちょっと萌えたんですが
自分のルートでも恋人になるまで「あんた」呼びなのに
勘助ルートで危機が迫ると「真奈!!」と名前で呼んだシーンに
彼の想いの深さが知れてジーンとなりました。
続いて主人公と同年代っぽい一生懸命さがよかった秋夜。
…だもんで、本編の好き順位とほぼ変わりない結果と相成りました。

これ、『薄桜鬼』みたいにパロディで学園モノとかやらないかなぁ。
同人ゲーでも作って下さる方がいればなおよし。
とりあえず蛇陣とワタシ、お友達になってコイバナの花咲かせたいです(笑)

以下、勘助感想。
・勘助
1~3章は彼の過去、主人公の前世にあたる奏の話がメイン
4章から現代END後のエピソードになっていくのですが
ホント普通のアマアマ展開で途中ほんっと勘弁してくれ、だったんですが
心の底から「生きる」意志がないために千年以上過ごした彼が
主人公との生活によって「生きる」意志が出て、老いることを始めたと
ラストの川中島史跡紀行で語っていく件で
おおっ、あのただただ甘いだけの4章以降はここに繋がってたんだと思うと
ここを最後にプレイしてよかったなと。
ホント、ここまで結構地獄だったので(笑)

とりあえず櫻井くんが上手い。
奏とのエピソードは独白なので当然櫻井くんのセリフも多い訳ですが
この方の演技に聞き惚れていました。

まぁ…個人的には伊達に千年以上生きてないので
何でも知ってて何でも出来る、こういう人をダンナにしたくないです(笑)
ずーっとコンプレックス持って生きてかなきゃいけなそうだもん。

category: 乙女 二世の契り 想い出の先へ

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。