Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ウキョウ 感想(アムネシア・5) 

 

ウキョウルート、クリア。

彼は一応隠しの人…なんだろうか?
今まではタイトルに歌の題名付けてたので
一見見ただけでは何が何だかわからないブログ仕様だったのですが
今の様式ならツイッターに上げた時点でネタバレなので
どうしよっかな…と思っております。
(発売後1年近いスパンがあいてるので大丈夫かなと思わなくもないのですが)

とにかく『アムネシア』
全BAD END見てないですが、これで本編は終了。
引き続いてFDへ移行します。
並行世界のパラレルワールド
サスペンスあり、サイコホラーありと様々な形の話が楽しめます。
時々「アレ?」って思うことはあったけれど
(私にとってトーマルートでのトイレ問題は切実だったよ…笑)
それぞれ、怖い部分もありつつ面白かったです。
絵はもちろん綺麗だし話も割としっかりと作られていて
最終章みて初めてすっきりした気分にもなりましたし
あと、ロード時間に入るイラストが好感度を表してる(らしい)とか
4コマになるらしいとか、遊びの要素もよかったです。
まぁ、BGMやSEの調整が効きにくいってのもありましたが(汗)
主人公は選択肢以外ほぼ喋らない子ですが
記憶喪失という設定もあって私は全然OKでした。
オトメイトはどっちかってーと苦手なメーカーさんでもあるのですが
最近はあらゆるジャンル、新しいモノに手を出していて
(それが報われない場合も多いにあるのですが・汗)
勢いがなくなりがちな乙女ゲー業界を
動かそうとしてるのかな?と思わなくもないです。

シン→トーマ→ケント→イッキ→ウキョウで攻略しましたが
ゲームのエンドリストの順に似た感じで
シンorイッキ→ケント→トーマ→ウキョウの順がいいかもですね。
リカのインパクトも強いですが
トーマ、乙女向けにやんわりと表現してあるとはいえ
あれ男性向けなら、まぁすごいことになってますから(笑)

個人的にはトーマかケントか…。
トーマルートのあのクライマックスのシーンはすごくよかったんですが
ロマコメ風味なケントルートが1番面白かったかな?
ああいう終わって「よかったね」と思える展開が本来好みなので。
でもウキョウも全てが集約するという意味合いではいい話でした。
シンは色々と勿体なかった気がするね…。
あと、店長はどのルートでも美味しいキャラでしたが(笑)
女の子もルートによってはすごく良くて
特にウキョウルートのリカは大好きです。

以下、ウキョウ感想。

・ウキョウ
家族おすすめの「トーマが人殺して監禁」BAD END見てから
ウキョウのGOOD ENDへ。
ウキョウ以外のキャラには当たり障りなく対応してたのに
主人公が一言言っただけで向こう側に行くトーマって(笑)

4人のルートを経て、彼のルートに辿り着くのですが
今までのルートはBADも含めて彼の見てきた世界なんだろな、と。
沢山の世界線の話を経てやっと
本編が始まったようなそんな印象も受けました。

彼は繰り返す自分の死に耐えられず
元々の「俺」と凶暴で主人公を殺そうとする「オレ」に分離しますが
何ていうかな…ドロドロした部分がなく(これはトーマだな・笑)
純粋な想いを紡いだ綺麗なラブストーリーのように思えました。
そういう綺麗な心根だからこそ神さまと同化出来たというか。
宮田くんの声色が優しいので
より水晶のような綺麗な世界観に合ってたのかもですね。

8月26日を迎えるのに「世界」が用意した座席は1つ。
それを恋人同士であった主人公とウキョウが常に争っていたわけで。
オリオンとニールの問題も含めて最終的には
1つのイスを2人で分け合って座るということで「世界」が納得したわけですが。
こういう経験をしたからこそ彼らはより穏やかに
これからを生きていくんじゃないのか?とか思ったりしました。

おまけのウキョウの話を読むと
彼がどんな思いで世界線を越え続けていったのかわかります。
これ、本当に面白かったです。
(『ときメモGS3』のADVのように声が付けばもっとよかったんだろうけど)

category: 乙女 AMNESIA_

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。