Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ケント 感想(アムネシア・3) 

 

ケントルート、クリア。

本当だったらスタスカ秋その後&冬その後をプレイせねばなんですが
GWで家族が9連休や2+4連休で家に居るのでPCを開けないでいます。
(PCゲーは通称ゲーム部屋と言われる2Fの部屋に置いてあるPCにてプレイ)
携帯機は仕事の合間とか家族が寝た後とか
もしくは『アムネシアレイター』をプレイしてる家族と一緒に出来るので
割に手に取りやすいしプレイもしやすいのです。

『アムネシア』って、様々なタイプの物語が詰まってて
あらゆる並行軸の世界線の1つのお話だなと改めて思いました。
サスペンス、サイコホラー、ロマンス…と
ちょっとした「世にも奇妙な物語」を見ているよう。
先にイッキをプレイしていたのに
「ラストは結構怖いんでインターバルとった方がいいよ」と
ケントを勧められてイッキを中断してプレイしたわけですが
本当にインターバルになる、この世界ではわりかし真っ当な
ロマコメ展開に心が少し落ち着きました(笑)
まぁ、BAD ENDはそうもいかないんでしょうけどね。

オリオンの存在の有無に引き続き
女友達のサワとミネ、どちらが好みかと家族で話していましたら
「サワはうるさいから」ミネの方が好みだという家族と
「ミネだとイラッとすることがある」からサワだという私
(ライバル視されてるミネのシーンをプレイ中だっただめ)
意見分かれました(笑)
あーでも、女の子が集まって恋バナしてるとか
パジャマトークしてるとか、そういうの大好きなんですけどね私。
百合はダメだけど、女の子が集まって…のEv.大好きです。
友情ENDあっても大いに結構…なことも多いし。

以下、ケント感想。


・ケント
ずっと掛け違えてきたボタンを1つずつ直していく
その度に2人の誤解が解けて恋仲に…という
典型的なロマンティックコメディ。
サイコキラーなウキョウは出てきてもアクセントだけ。

ロボットのような変人・ケントを主人公の力で変えていくさま
そのケントの言動がまぁ、ツッコミ満載なんですわ(笑)
主人公、そりゃあ文句言ってケンカになるわなぁと。
主人公が記憶を失ったことにより
「北風」から「太陽」な対応になってからの「旅人」ケントの
変化の仕方はもう劇的。
あたふたしてる真面目人間を見るの、ホント楽しかったんですけど
無意識のうちででも主人公の対応を見ていると
その時々の対応の変化って大事だなぁ…と思いました(笑)

オリオンが消えても主人公の記憶は余り戻らず…っていうのも
他の2人とは違ってましたね。
エンディングロール終わってからのエピローグもあって
これは「他の見逃したのか?」って一瞬焦りましたが
ホント、心が温かくなるいい話だったなぁと思いました。
サスペンスやサイコホラー見てきた後だから余計にね(ヲイ)

石田さんも他の2人と同じ早さで喋っているのだと思うのですが
キリのいいトコで少し間をいれてくれるせいか
比較的ゆっくり目に喋ってるように聞こえましたし
感情表現も割と控えめな今作の中でも感情豊かに聞こえました。
さすがベテランの技…というべきなんでしょうね。

ちなみに今回、こんな感じなのでBADは回収してません。
いいコメディはいい雰囲気のうちに終わるのがいいってもんでさぁ。

category: 乙女 AMNESIA_

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。