Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

山瀬 感想(ソラユメ・2) 

 

山瀬クリア。

惰眠を我慢してプレイしてたらクライマックス前だったので
今日は家族がそれぞれ好き勝手なことしてたのを幸いに
ラストまでプレイしきった…ってか文章読んだ。

さて、1キャラ目のルーエンから実に5カ月もの放置してました。
山瀬ルート途中で放置してたんで
どういう展開だったのか既にうろ覚え。
(コントローラーの使い方すらド忘れして強制スキップしまくってやり直したりもした)
プレイ再開するまでは
ソフト自体をなかったことにしようかとまで考えましたが(ヲイ)
ちゃんとプレイ再開してよかったと思います。

TAKUYO作品の主人公ってクセが強いので
好き嫌いが分かれるところだとは思うのですが
正直、今回の主人公は厳しい…。
「鈍い」というより
観察力とか記憶力の部分がスポッと抜けてる?…ぐらい。
親友なのに鈴菜ちゃんのこと全く気に掛けないし
(家に近づけたがらないとか水窪くんに対しての言動見て何も感じないって…)
ルーエンが「変な事件があったら知らせろ」って言ってたのに
猟奇事件のニュースでルーエン呼び出した理由が
「ただ、何となく?」って言った日にゃあ深いため息が出ましたよ(笑)
山瀬ルート自体はすごくいい話だったし
主人公も自分なりに動いていたのでよかったのですが。

本当なら次は津田さんボイスだし水窪にいくんですが
山瀬曰く「主人公と同じくらい鈍い」水窪と
ニブニブ同士でくっつくのは山瀬や鈴菜のことを思うとやり切れないので
餘部&暁兄ルートへいってきます。
次は半年先ってことないように気をつけようっと。

そういやTAKUYO次回作の『神さまと恋ゴコロ』のキャストって
ほぼアクセルワンの声優陣だったなぁ…。

以下、山瀬感想。
・山瀬
こいつ、いいヤツやねん…。

ルートに入ってからしばらくは主人公の暴走にビビリましたが
(今まで結構距離置いてたのにいきなし彼に寄り掛かったりする主人公にびっくらこいたせい)
いざ、両想いになって主人公を守ろうとする
そして敵にあたる少年を受け入れようとする
その心の広さがカッコイイ。
彼の背景には魔の首を刎ねた特殊な一族
血が穢れているので姫(主人公らしい)とは釣り合わない
…など色んな葛藤があるんですが
恨みごとも言わず淡々と解決しようとする。
(彼の母が主人公に対してキツかったのは以上の事情があってのことらしい。
最初はビックリしたよ。言いようがあまりにきつくて)

少年との対決もルーエンの時ほど怖くないし
いい感じで終わるので、ここらへんもよかった。

いざカップルになっても甘いムードがないのもよかったな。
爽やかってか本当に淡々と軽妙な会話が続くし。
ぱっつぁん(阪口氏)、乙女ゲーもいいじゃん~。
トーン落とした感じとかホント好感のもてる少年になってたと思う。

category: 乙女 ソラユメ

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。