Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

『花売り娘と王子』 感想 

 

Twitterにもあげましたが、家族がピグにハマったので
PCがなかなか使えなくなりました。
仕事は今日で納めとなりましたが
明日より雪国へ旅立ちます。
31日はダンナの実家に行かなきゃなので
「大掃除?それ美味しいの?」なことになりそう…ってかなります。
トイレと窓周りは掃除しておいたので
玄関周りと台所だけは31日午前中に済ませるつもり。
記事はこの記事ともう1つ、予約投稿にてあげておきます。
乙女ゲーの情報更新もしたかったけど、それは新年以降かな。

数日前になりますが、『花売り娘と王子』クリアしました。
前にクリアした『I want to approach you.』と同じ
空想庭園さまのもの。
最近の同人乙女ゲーはメーカーのものより
言いたいことってのがはっきりしてて面白いかもしれない。
こういうの私だけなのかもですが
恋愛する過程が見たいのであって
過程無視していきなり甘い言葉の羅列ってのはもう勘弁なのです。
絵も今では同人もメーカーも同じくらい綺麗ですしね。

以下、感想。

鬱ゲーとサイトにありましたが、そういう風でもなかったかな。
でも、一応BEST ENDと思われるものでも
暗い影を落としているENDには変わりないかも。
プレイヤーが苦い思いを抱くENDっていうのもありますが
主人公が納得して選んだ結果なので
そういう思いを抱かなくて済むのは確か。

死に至る病の蔓延する世界が舞台。
登場人物も命惜しさに手のひらを返す(主人公も例外ではない)
綺麗なだけの物語ではなかったです。
20あるENDのウチ、BESTと思われるモノへ至るのに時間かかりましたが
主人公が聖女めいた言動をすることで見ることが出来ました。
王子と実兄の2人、逃避先として同じ年頃の少年とのENDが迎えられますが
実兄は正直、気持ち悪いというか…(笑)
主人公が体中を青虫が這いまわる悪夢をずっと見ているんですが
それって実兄が主人公の体を触っていたせいだったってのがね
ちょっと変態っぽいかなって(声はやっぱり成田さんでお願いしたいところ・笑)

音楽もいいし、絵も綺麗、システムも快適です。
詳しくはないですが攻略ページもついてましたし
ENDリストでヒントを見ることも出来ました。
あと、クリアする度におまけが開いて
メインからサブキャラまでの心境をノベルで読むことが出来ます。
それとは別にもおまけがあって主人公と王子のその後を知ることが出来ました。
作者さんは「描きたい!!」って強く思ってる方なのだな、と思います。

今は『歌姫と王様』プレイ中です。
ブロ友さんが絶賛していたので期待しているところ。
でもクリアは来年になるだろうなぁ。

category: 同人乙女

thread: 同人ゲーム - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。