Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

『I want to approach you.』感想 

 

サイキン時間が無くてゲーム出来てません。
PCは型が古くてWindowsの更新にやたら時間がかかって
mixiのゲームいじったりして遊び時間終了…ってな塩梅だし
そもそも家族が家にいるとPC使えなかったりする。
だからブログ記事も何日もかけてのupになったり
どんどん記事予定が増えてったりするんだよね。
空き時間があれば出来てた携帯ゲーも
空き時間そのものがないので出来てなかったり。
『零式』も最終章までたどり着いたものの
最後まで遠距離攻撃キャラ優位なミッションに中座して以来
全く進められないとはどういうことか。

それなのに同人乙女ゲー6本も買っちゃったよ。
『デビルサバイバー』も揃えちゃったよ。
『すばらしきこのせかい』も買おうとしている自分がいるよ。

知らず知らずのうちのストレス発散がハンパない今日この頃ですが
6本の同人乙女ゲーのうち『I want to approach you.』だけはクリア出来ました。

以下、感想。


ビジュアルノベル(?)なので攻略相手は1人
物語も3日間の出来事と短期間なせいか
プレイ自体も全ED12あるにも拘らずスキップ使って
2時間ほどでコンプ出来ます。
選択肢も少ないですし、システムも快適なせいもありますが。

毒に侵される世界、解毒師、召喚師など
物語を取り囲む世界観が明るいのにどこかほの暗く
いい雰囲気だと思いました。
絵も綺麗でネコミミスチルはどちらも可愛かったです。
毒を取り除くために召喚師を目指す少年少女も
胸の内に秘めるモノを持ってて、それが何か気になりました。
綺麗事で終わらない主人公も地に足付いた感じ。
相手役もコトに性急な感じがしましたが
おまけのノベルで補完されていました。

同人なので仕方ないことなのでしょうが
ファンタジー要素があって独特の世界観なのに
現代の学校の教室や屋上の背景なのはちょっと違うなぁ…と。
(文章で上手く補完されてはいましたが)
あと、これも仕方ないのですが
悲しい結末に終わるEDのその先が見てみたかったです。
あの主人公とあの攻略相手なら
耐えがたい過去を乗り越えていけそうな気がしたので。

お値段も手ごろでサックリプレイ出来ますし
攻略情報もファイルに同梱されているという親切設計です。
同じサイトさんの『花売り娘と王子』もDLしているので
次はこれやろうかなと思ってるんですが…鬱系恋愛なのね。
ウチにそんな感じ(?)のが1人いるから、もう充分なんだけどな…。

category: 同人乙女

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。