Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

終わりよければ(幕末恋華花柳剣士伝・3) 

 

大石・中村ルートクリア。

大石も半次郎も面白かったのです。
大石は主人公が動けないのもわかりますし
半次郎は私自身が幕末薩摩勢に疎いので
新鮮に思えたせいなのかもしれません。
御陵衛士サイドを誰1人としてクリアしていないし
特に廃人化してそうな富山くんのことも気になるのですが
ひとまずこれにて終わりということで(爆)

最初プレイした際は
「史実にはナニモノも敵わないのかなぁ…」などと思いましたが
甘い展開はそんなにないにせよ、楽しむことができました。
ただ、自分自身が少しでも新撰組のことを知ってるからこそ
前作での遊びの部分も楽しめることが出来たのですが
今回のは、だいたいが史実の近いものだった分
楽しめなかったのかもしれないな、とも思いました。
(咲彦とここでの主人公は主義主張が何もないことが嫌だったんだと思います)

攻略した5人の中では、辰巳が1番包容力があってカッコよく
私自身は陸奥が好きなので
陸奥でもゲームキャラになれるというのを知れてよかったです(笑)
明治以後もしたたかに生き残る、強そうな2人が好みでしたね。
いや、大石と半次郎以外は皆明治の世を生きてるんでしょうが。
物語の展開的には大石のが1番印象に残りました。
・大石
自分の先を知ってる、ってあたりがミソなんでしょうねぇ…。
この男1人で新撰組の流れを大きく変えてってるんですが(笑)
果てを望むことで、単なるサイコキラーじゃないってのが出て
それが、すごくこうよく出来てるなぁ、と思いました。
ENDは唐突でしたけど(爆)
個人的には斎藤君が1人で
やっつけたことにしてくれててもよかったんですけどね。
あのシーン、結構好きだったのです。

・半次郎
穏やかで静かに思い育んでてよかったのになぁ…と思ったら
前作の梅さんENDっぽくはならなかったのね(汗)
主人公の妊娠→出産も驚きましたが
主人公の意識が飛んだ際のお茶屋のエピソードに感動しました。
だから、その感動をあのENDスチルで壊されてしまいまして(爆)
なしてお笑いENDにしたんだろう…救われなかったから?


独自ルートに入ると他のキャラやサブキャラの心情は
他のキャラの独自ルートで知ることが出来ました。
例えば、西南戦争での大久保の心情は
辰巳ルートで知ることができる、というように。
1つの事実を多人数の視点から見るので
当然そうなるのかもしれませんが
ループ&ループで繋がっているみたいで
シナリオ、しっかりしているなぁ、と思いましたです。

category: 乙女 幕末恋華花柳剣士伝

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。