Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

笑って、恵みのもとへ(夏空のモノローグ・4) 

 

浅浪センセクリア。

夏休みも間近に迫り
いよいよ据置機ゲーの時間の取りにくい期間がやってまいりました。
このソフトをクリアしたら『ジョカアリ』
手に入れば『STSKAFAU』をプレイする予定ですが
携帯機では『遙か5』と『コルダ3』という
自分ではプレイするかビミョーなソフトをプレイする予定。
(特に『コルダ3』は演奏中に「Bravo!」なる声が入った時点で終了する可能性大。
演奏中に声かけするって普通ありえないことだし、多分そこが許せなくなりそうなので・汗)

それ終わったら待望の『P3P』なんですが。

商売にはガメついけど(爆)いい作品も出していたコーエーが
ビミョーゲーを連発する日がくるとは…。
前々から3本柱で推し進めるのはヤバいとか、色々言ってたんですが
商売ばかりにまい進した結果
どうにもこうにもならなくなってるんだろなと思ってます、勝手に(汗)
(『遙か3』とか『無印コルダ』は私の乙女ゲーBest5に入ってる)
だからといって、売れた他社ゲーのニュアンスだけいただいたり(ヲイ)とか
同じソフトを2周もするぐらい他機種に移植する
オトメイトの商法もどうか?とも思いますけどね(笑)
まだ、新機軸を打ち出そうとする姿勢があるだけいいかもです。
(でも、売れ線と新機軸に使う金の差が歴然としている・笑)
まぁ、オトメイト作品の中でもこの『夏空のモノローグ』は
1、2を争うほどの出来の良さなわけですが。

前記事のように部長のスチル探しに木野瀬ルートを途中まで再プレイしてみたり
センセルートをやり直してみたりしたわけですが、結局出てくることはなく(爆)
何だったんだろうなぁ…とは思いますが、気にしないことにしました(笑)

しかし、攻略キャラの周囲、これってほど「交通事故」って文字出てくるな。
これもループと関係あるのか?

以下、浅浪センセ感想。

拍手、ありがとうございました<(_ _)>
・浅浪センセ
両親を事故で喪って後、苦労して年の離れた弟と暮らしてた彼。
弟の治療に使うお金のために別の高校へ転勤する予定だが
その弟は病気で余命2年もないと宣告されている。

吉良吉影は静かに暮らしたい−−−−−。

せつないけれど、静かで穏やかな話だったと思います。
病院から出られない弟にせめて楽しく過ごしてもらいたいと願う兄と
全てを知っててなお兄を傷つけたくないために無知を装い明るくいる弟。
記憶喪失以来、唯一の身内である母親と断絶している主人公にとっても
浅浪兄弟という存在がだんだんと「家族」という姿になっていくあたり
派手な展開もなく、キスやハグもなかったけど(先生と生徒だからそれでいいと私は思う)
すごく良くできてると思いました。

また、弟くんがけなげなんだよねー。
自分がいなくなった時に兄を救ってくれるよう主人公に頼みに行くあたり
恋愛ものではなかなか泣かない私ですが、家族もの子供ものにはてんで弱いので
ウルウルしとりました、ええ、今までで1番。

奇跡なんて滅多に起きないし、2年後弟くんはいないかもだけど
もしかしたら、2年の間に治療法が出来て3人で星を見てる可能性もある。
これはきっと取り方だと思うんですが
切ないENDというよりも希望を願う明るいENDだったんじゃないかな、と。

category: 乙女 夏空のモノローグ

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。