Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

いつかこの道の先に(夏空のモノローグ・1) 

 

部長END見ました。

さっきのブログ記事で更新した『CLOCK ZERO』のPSP移植を見ながら
オトメイトって乙女ゲーを作るにあたっての重要度って

声=絵>おまけ>システム>>>>>シナリオ


…こんな感じかな?と勝手に思ってるんですけど(爆)

これ、オトメイトじゃないだろ?

それぐらい『夏空のモノローグ』はシナリオの出来がすこぶる良いです。
破たんのない筋書き、きっちり積み上げてく設定や伏線
キャラも進めるごとに深みが出てくるし
文章も読みやすいし、変なクセもない。
シナリオ担当の方、外部から連れてきたのか?と思って
昨日調べたぐらいですから(あの『緋色〜』の方で正直驚いた)

永遠に続く「7月29日」。
そのループから外れた科学部メンバーは
ループから脱出し「明日」を見ることを願いながらも
それぞれが持つ「過去」が原因となって
楽しかった「今日」がずっと続くことも願っている。

何て言うか…キャラが地に足付いてます。
とんでもねー天才とかもいるんですが、それでも高校生らしい。
起きている出来事は派手ですが(笑)
感情の描写も恋愛の表現も地味、でもそれがいい。
主人公は大人しいですが、そこに理由があるし
「私には何も出来ない」とかって全く動かない子じゃないし。
(オトメイトの作品はこういう子多くて、苦手だったりする)

気になる点といえば…やはり絵なのかな?
オトメイトらしいキラキラさはありません。
瞳もブライトさん仕様(白目がなく肌色・笑)だし。
エンド後もエピローグがなかったりします。
終わりあっさり過ぎてこっちが驚きです(爆)
キャストも人気どころをガンガン出してるわけじゃなく
若手の方が多いです。
でも、岡本信彦くんや阿部敦くんが出ております。

とりあえずは
個別ルートに入ったらならばぶっ通しプレイ推奨(笑)
私は家庭の事情で、コレ出来ないのですが
小さなことを積み重ねっててからの後半
切なさが爆発するので、感情盛り上げていった方が泣けると思います。

追記にて部長感想。


以下は拍手レスです。
拍手、ありがとうございましたm(__)m

>mikuさま
『夏空のモノローグ』今のトコ移植なさそうですよね(^_^;)
オトメイトって絵の人気で移植も決めてそうな気がしないでもないので…www
プレイされた乙女ゲーマーの方は、移植を望まれてる方も多いので
その声が届けばいいのにと思います。

・部長
すさまじい天才ゆえに人を巻き込んで暴走する迷惑な方(笑)
共通ルートでは笑いどころたっぷりな変人を見せてくれますが
個別ルートでは彼が境遇的にも精神的にも孤独であるのがわかります。
自分が周囲を相容れることが出来ないために「異星人」と名乗るエピソード
誰かと話をしたいから科学部を設置したこと
10年前に事故で死んだ父を救うため、タワーとループを利用した
タイムスリップを実証しようしていること…。

葛藤の果てに過去に飛んだものの
孤独だった「昨日」より楽しい「今日」を捨てれない自分に気付く。
大切な仲間や主人公に対する思いと引き換えに
敬愛している父を見殺しにしたと泣く部長に胸がせまりました。
(途中に出てくる父の言葉が伏線になってました…見事)

声の高橋くんは初めて聞きますが
ハイテンションの部長と素の沢野井くんのギャップが激しく
そこがまたいい感じでした。

category: 乙女 夏空のモノローグ

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。