Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

陽ちゃんといっしょ(幕末恋華花柳剣士伝・1) 

 

咲彦・陸奥ルートクリア。

何といいますか…微妙です(爆)
『幕末恋華新撰組』のデータを引き継げるというので
斎藤と才谷のデータを引き継いでみましたが
見れるはずのスチルもイベントも見れず
出来れば見たくなかった前作イベントの内情とかも
追加イベントとして出てきてしまい…(汗)

会津に残ったのは女のため、って
言わないでいいじゃんか〜、何年も経ってから(爆)
「会津の恩義のため」で済ませてこその無口だったろ?斉藤くん。

今回の主人公、佐幕にも倒幕にも転ぶだけあって
主義主張は一切無く、攻略相手の望みのままです。
それはまぁいいとして、何事も相手の望みのまま
口答えもせず、自分の意思を述べることもせず。
咲彦ルートなんざ、主人公「ト書き」と一緒だったっすよ…。
なのに、短いイベントの最後に残す言葉がいつも毒なのは何故?(爆)

絵はキレイになってて、スチルも動きや効果が付けられてて
そこら辺は面白いと思いました。
声の演技も見事。
でも、幕末ファンからすると、歴史上の人物ルートは
その史実をなぞってるだけじゃん、ってなるかもしれませんね(汗)
架空のキャラや大石くんのような史実と違った設定のキャラのが
ストーリーは面白いかもしれません。

正直、咲彦ルートやってましたら
『薄桜鬼』のがまだマシ…って思ってしまいました(汗)
陸奥のは、彼の生きざまを知っていながらも
黒頭巾(あの写真はここに活かされたのか・笑)含めて楽しめましたが。
諏訪部キャラ=中島くんモデルだと信じ(爆)
彼と大石くんを攻略して終りにしようか、と思ってます。
・咲彦
何がダメかっていうと(いきなりダメな部分から・汗)
咲彦の言動に何の反応も示さない主人公なんですよね…。
せめていきなり新撰組に入る云々のところで
「ちょ、ちょっと待って!」ぐらい言えばいいのに(爆)
どれだけ咲彦が「お前が必要だ」とか言っても
展開的に主人公いらないくらいだったので…。

オヤジも本人もケタ違いに強いし(爆)
今まで殺してきた人の命の重みを
彼は本当にわかってるのかな…って気にもなりましたし
斎藤&鈴花のデータを引き継いでのプレイだったんですが
あのENDが好きだっただけに
途中の男女の関係云々なイベントは見たくなかったです(泣)

・陸奥
史実も陽之助時代は相当難アリ、な方だっただけに
ここでのキャラもかなりのヒネ具合で
他のキャラだと反応のない主人公もさすがに反応があって
私自身も彼がバカなことをやりだす度に
「陽ちゃん、帰れ」みたいな色んなツッコミも出来て楽しかったです。
本文にも挙げましたが、黒頭巾…(笑)
個別ルートに入ってしまうと、彼の伝記みたいになってましたね。
彼も志半ばで病に倒れるんだよね…とか思いながら
END見てしまいました(いいおっさんになってからだけど・爆)

category: 乙女 幕末恋華花柳剣士伝

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。