Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ふたりの兄弟(猛獣使いと王子様・4) 

 

アルフレートクリア。
いかん、ついアルフリートと(以下略)。
これはドイツ語読みなんだよね?私は何読みしてるんだろう、いつも。

アルフレートは思い切り声萌えしました。
鳥さん…素敵すぎるだろ。
クラウスもシルビオも声萌え出来そうなんですが
どうしよっかと悩んで、一応これで中断することに。
アンデルセンの物語のタイトルつけてたんですが
「大クラウスと小クラウス」は使わずに終わってしまいそうだ。

とりあえずメイン4人攻略しましたが
ほぼ同じ内容の話なので重複する部分は
強制スキップでプレイ、サクサクと終わりました。

キャラの設定などはしっかりしてて絵も綺麗。
恋愛方面も抑えるべきところは抑えてあって
中の人の演技も申し分ない……のに
舞台設定がおざなりのように感じました。
4つの国が舞台になってるのに
国王の首刎ねたら領土も獲れるなんて何て簡単な(笑)
言葉の上では王位争いとか出てくるんですが
顔のある登場人物以外の人間の存在が感じられないんですよね。
舞台上では役者が熱演してるのに
その背景が簡単に描かれた板1枚のような。
こう…何て言うのかな、物語の奥行きがあまり感じられない。
恋愛メインなら、こういう部分いらないのかもですが
さすがにこれは手を抜き過ぎなのではないのか…と。
あと、登場人物は何度「苦笑」したら気が済むんだろう…。
特に主人公とゲルダに多かったのですが
苦笑しちゃダメだろってなシーンにも「苦笑した」とかあって
「刹那」「〜のだった」以来のイヤンな感じになりました(汗)

クリア後に見られる「おまけ」はスチルとSSと4コマ。
SSの話も良かったし、スチルはもちろん綺麗だし
4コマはキャラが喋ってくれるという。
モフモフの努力も報われたというものです。

好き展開ですが、アルフレートをプレイするまでは
ルシア不動だろうと思ってたんですが
アルフレート…あなどれない(笑)
今月発売されるFDもアルフレートは見てみたいと思いましたもん。
(多分買わないと思うけど…汗)

以下、アルフレート感想。
・アルフレート
共通ルートとかで、自分の意見を言っても
マティアスの言葉ですぐ引っ込める
その押しの弱さは見た目オオカミなのに何なんだと
そんなことをずーっと思っていたのですが
実兄を事故で殺してしまったせいでもあったのですね。
無益な争いを避けるため4人で行動することが
母や弟を裏切ることになってるのでは…とも思って
自分の行動が果たしていいことなのか、そのことで
ずーっとグルグルしてて。

実弟ディルグとのイベントやスチルがあった分
話も少し厚みが出てたように感じましたし
4人プレイした中では1番糖度の高い話だなと思いました。
ご本人ストイックなせいなのか恋愛方面無知なせいなのか
兄弟の前で主人公と2人だけの世界を作っちゃってて
「おいおいおいおい…」と
こちらがツッコミ入れたくなりましたが(爆)
後半、竜の具現化してからの恋愛面での盛り上がり。
欲しい部分にスチャっとくるスチル。
鳥さんの演技がまたすごいんだ…惚れそうになったもん(笑)

でも…。
中の人が同じだからか
某幕末乙女ゲーのSさんを彷彿とさせられました。
…うん。

category: 乙女 猛獣使いと王子様

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。