Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

サマーな男(カエル畑DEつかまえて☆彡夏・千木良参戦!・1) 

 

拍手レス、追記しました。
ありがとうございましたm(__)m

ハム男&オミのアナザーとアフタールートクリア。
ただいまジミーアナザー序盤。

この間まで『Starry☆Sky』のFDをプレイしてたので
この作品も1人クリアするのに
相当の時間を覚悟していたのですが
アナザーが2時間程度、アフターが1時間弱で
クリア出来る長さになっていました。
時間的には短いのかもしてませんが
内容が濃かったのか、さほど気にはなっていません。

アナザーストーリーは
カエルになることもなく祓玉を体内に埋めたまま
月宿市のエコ活動を続けてる…という設定。
男の子たちは皆相当に主人公に恋してる感じ。
寮の皆+千木良先輩を含めて海へ1泊旅行し
そこで抜け駆けて(笑)告白し、恋仲になった2人が
過ごす夏休みの物語になってました。

アフターは本編END後の2人の物語。
ちゃんと本編エピローグに話が繋がってます。
(オミのアナザーも本編に繋がっていた)
完全に別物語になってないのが見事かも。

あと個人的には本編の後半がシリアスで
青蛙や桃色蛙、寮の皆を見てて辛い部分もありましたが
今回は辛い部分が割と排除されてて
悲しい場面もしんみりと悲しい、そんな風になってると思います。

他の方のプレイ日記とか読んでると
千木良先輩がかなり美味しいそうですが(笑)
千木良先輩ルートで本編の謎も回収されるようなので
楽しみにしてようと思います。
まぁ…ジミーで私が燃えつきなければの話なんですが(爆)

以下、ハム男&オミ感想。
・ハム男
ほんっとーにわかりやすいツンデレでしたね(笑)
感情表現が不器用なんだけど
主人公の前では好意があからさまにわかる。
思ってることは直球で嘘偽りなく話すからか。
アナザーもアフターもハム男が頑張るのを
内助の功で支える主人公…といった感じでした。

月宿の為に死んでいった月蓮蛙にかつての自分と同じモノを見
悲しい出来事を増やさないために
「人」として出来ることを考えていく。
本編では辛い選択を選ぶことが多い青蛙とも
傷つくことが少ないまま距離が近づいてたので気持ち救われました。

告白シーンが海辺の宿で主人公の部屋だったんですが
ハム男、法月先輩と千木良先輩という最凶タッグと相部屋なのに
よくも抜け出せることが出来たなぁ…と妙な感心を(笑)
一応、メインヒーロー(?)幼い感じながらも
甘いシーンは多かったと思います。
杉山さんのキャラの心情を纏ったような言葉にならないセリフも
ハム男の姿が浮き彫りになってた気もしましたし。

その一方で笑いの要素も多かったんですけどね。
カエリーナタン模様の便せんに書かれた「果たし状」(爆)とか
祭り土産の地域限定カエリーナタングッズとか
どこまでカエリーナ好きやねん(笑)
あと、ベンチに座る2人の距離とか。

・オミ
穏やかな空気が流れてて、一緒に居て気持ちいいだろなーと。
オドオドしてるように見えても
人の気持ちを考えるから動きが遅くなるだけで
実際は強心臓の持ち主なので
主人公をしっかり守って支えてくれるでしょうし。

アナザーでは記憶喪失の青蛙の為に奔走するオミが
記憶が戻って青蛙がメスかも?となった途端
女性恐怖症が出て思わず拒否してしまい、怒った青蛙が
元の頑なな人間嫌いに戻るってなギャグENDでしたが
(まぁ、ここで大団円になったらいけないんでしょうが・笑)
その分、アフターでは青蛙との気持ちが通じ合う
そういう面が見られるのでいいのかも。
しかし、鳥さん声でメスかもしれないのか、青蛙。
人間Ver.の時は女の子の姿だもんなぁ…「僕」つってても。
そっか、だから小田島先生は攻略対象にならないのか。
(実際のところ、ちょっと期待してた・爆)

本編の序盤はゆっくり、たどたどしくしか喋れないキャラで
仲良くなるにつれて(あと自分の趣味を話す時)
しっかりと話せるようになっていってたので
夏休み前半ではどの程度まで仲良くなってたのか
話し方が難しいだろうなと思っていたのですが
ゆっくりだけどしっかり喋る、そんなオミになってました。
すごく優しい男の子、という感じ。


以下、拍手レス。

>mikuさま
STSKは春はお姫様、夏は女神さま状態に主人公がなるので
ちょっと驚くというか「ええ…?」ってなるんですが(笑)
システム面だけでなく内容もしっかりしてると思います。
1つ1つのエピソードも丁寧でしたし、とてつもなく甘かったので。

BacklashはPC版とPS2版のどちらも攻略したくらい好きでした。
絵は当時の青年マンガ風の印象が強かっただけなので
いざプレイしてみたら違和感は無くなると思うのですが…。
カズさんは癒し系で当時も攻略したかったんですけど
アル⇔カズ、カガミ⇔ハヤトっていうように
カズさん攻略するとアルが牽制に入ってくるので
当時アル好きだった私はカズさん攻略出来なかったんです(^_^;)
SIGNALではカズさん初攻略してみますね。

個人的には乙女ゲーは「思いが通じ合うまで」がベストかなと。
その先は「あなたの心の中で…」みたいなネオロマ展開でいいと(笑)
こういうのは少数派なんでしょうか…。
でも、お仲間がいてくださって私も嬉しいです(*^_^*)

category: 乙女 カエル畑DEつかまえて☆彡 夏・千木良参戦!

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。