Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

明日は来るのか(二世の契り・1) 

 

暁月・翠炎クリア。

最近ゲーム雑誌の広告でオトメイトが
絵師養成講座?をされてるのを目にしますが
ホントに必要なのは絵師ではなく作家じゃないんでしょうか?
Quin Roseのソフト1本分のシナリオがあったら
オトメイトは3本は作れる気がするよ…。

やはりオトメイトは注意しなきゃいけないわ。

歴史モノ・美麗な絵・動きそうな主人公…ってことで
珍しく発売日に購入した『二世の契り』ですが
個人的には合いませんでした(爆)

システムは快適、背景は動きや変化があって綺麗
スチルも美麗(でも恋愛関係なスチルはあまりない)
口パクもセリフにちゃんと合わせる手の込みよう。
周回するごとに新規のエピソードがオープン
わからなかった真相もプレイする毎にわかるようになってます。
文章も簡潔で「…のだった」とか「刹那」の多用もなし。
(あれは読んでイラッ…となります(汗)「刹那」って使われてたけど、この作品も)

…なんだけど。
以下、辛口な感想(個別キャラの感想はなし)。
設定とシナリオがね、噛み合ってない気がするの…。
例えば、暁月は南蛮人とのハーフで赤毛に金の瞳なんですが
翠月(青)、雅刀(萌黄)、謙信(紫に黄のメッシュ)だと
そないに忌み嫌われるような風貌に見えないんですよ…。
雅刀はおそらく主人公と同じ現代から来た子で(攻略していないのでわかんないんですが)
主人公にこっそり「1寸=約3cm」とか教えてくれるのですが
当時10歳の子が長さの単位の違いなんて理解出来たのかな?とか。
主人公もなぁ…オトメイトの作品で多いのですが
ニュートラル以前に存在がないかのようで(汗)
(暁月ルートの主人公はそりゃあもう大変だったです)
あと、謙信を守るよう願った泉の守(水輪)の変身した姿(シロ)が
公の場(スチル)に1枚もないし、描写も殆どない。
だもんで、主人公と仲良くなったようにも思えない。

シナリオはシナリオでイベントは余韻も残さずブツ切り
文章がまわりくどくなく簡潔なのはいいのですが
イベント自体、それも1つ1つが大変短いので
どこで恋愛感情が湧いたのかとかわかりづらい。
内容も当然薄いしね。
文章の方も「2日前」に起きた事件が「昨日」のことになってたり
目を閉じただけなのに「眠った」って描写が何度も続いたり
(いいシーンだったのに、思わず笑ってしまいました)
数行で戦闘シーンが終わったり。

そういった細かい事を気にしなければ
面白いシーンも沢山あるし、声優さんの演技は素晴らしいので
楽しめるかもしれません。
近藤くんは何通りの声が出せるんだろう、とか
津田さんの想いを絞り出すような演技に胸を打たれたり
訳ありっぽい勘助役の櫻井くんの切ない演技とか
初めて聞く前田剛さん(オトメイト以外の作品でじっくり聞きたい)とか。

プレイしてる途中でね
「これ『風色サーフ』意識してんのかな?」と思ったのです。
幅広い年齢層のキャラ、主人公が動くタイプ(実際は全く動かないけど)
和洋は違えど戦争モノ。
前野くんも出てるしね(笑)
でも、『風色サーフ』には全く及んでません(爆)

内容薄くても声と絵さえよければ買う人もいるかもですが
確実にオトメイト離れの人もいるわけですから
そこら辺、もうちっと考えた方がいいかもしれませんよ。

完全ADVらしい『ワンド2』が不安だなぁ…。

category: 乙女 二世の契り_

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。