Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

あいのうた(クローバーの国のアリス・1) 

 

ブラッドクリア。

一応、今年はこのソフトで乙女ゲー終わりをしようと思っとります。
来月『モンハン3』くるしな。
『タクティクスオウガ』もやんなきゃいけないしな。

去年の年末『ハトアリ』春に『アニアリ』とプレイして
今回『クロアリ』プレイ、『ジョカアリ』は未開封のまま。
『おもちゃ箱〜』は正直買う予定はなかったのですが
本編アナザーが収録されると聞き、どうしようか迷い中。
(魔法学園の方は全く食指が動かなかったのです。本編どうにかしてよ、と)

ええ…っと、最初のシリーズをプレイして
エリオット・ナイトメアの次にゴーランドおっさんが好きでして。
『クロアリ』以降のシリーズは彼、攻略出来ないんですよね?
ああいう叩かれ上手な大人、カッコいいと思うんだけどなー。
どんだけ黒い面を持ってても、チラとも見せず
情けないけど包容力たっぷりなおっさんでいてくれるってのはスゴイよ?
無精ひげがいけないのか?
壊滅的な音楽&服飾センスがダメなのか?
賢雄さんの声聞くと、ココロのオヤジを思い出す。
いいんだよな〜、甘えさせてくれそうな声なんだよな。
何故におっさんは攻略キャラじゃないんだろ…。

…とまぁ、ひとしきりのおっさん談義は置いといて。
『クロアリ』なんですが、『ハトアリ』が余りに面白かったので
期待のハードル上げすぎちゃったのかもしれません…。
まだブラッド攻略しただけなのでわかりませんが。

なんかね、簡単に恋が進み過ぎる気がするのです。
『ハトアリ』後の設定、ある程度の友情が深まってるせいなんでしょうが
親密度が7割ぐらい上がってる状態でのスタートなので、展開ハエー。
主人公も攻略キャラも前作よりわかりやすい感情表現になってるので
余計そう思ってしまうのかも。
だもんで、今回イチからのスタートになるネズミさんと灰色さんに期待。

あと、主人公の壁の作り具合が…気にナル。
無意識にでも姉が彼女を傷つけていたこと
彼女が姉に対する負い目があるせいだとはわかりますが
自虐癖を堪能するために「敵」として登場させている風があって。
そこまでされちゃあ、姉も可哀想だろうよ…。
自虐癖の象徴?である無数のドアから自分の力で立ちあがる様も
何か違う気がしたし…(他ルートではここら辺違うんだろうか)

システム面は音関係以外触れないという不親切?ぶり。
テキスト一括表示とかせめて出来ればよかったのに…。
既読スキップなのに強制でテキスト流れてしまったり
パッチは入れてるけどPC大丈夫?な感じですが(爆)
キャラはよく動くし、恋愛関係のイベントはどれも出来がいいし
感情表現がはっきりしてる分、わかりやすく面白いです。
でも…個人的には続編ってよりFDっぽいかな?

以下、ブラッド感想。
・ブラッド
彼とボリスがこの作品のメインヒーローだと思ってるんですが
「モトカレと瓜二つな外見」ってな設定が
思いっきり彼の首を絞めてる気がしないでもナイ(爆)
まぁ、モトカレに似てるってのは
「ヒトと違うことを良し」とする彼にとって耐えられないコトだろうけど。
それが続くと続編が出る度「またモトカレネタか?」になると思う…。
ブラッドにもモトカレ以外のハンディを。

結局は「好きって言ったモン負け」だと思ってたら
「好きって言ったモン勝ち」だったってことなんすよね(笑)
コトに至るまでの経緯も前作のようなネチこさはなく
(まぁ、私はあの中年のようなネチっこさも好きだったが)
有無を言わさない大物な部分の中に若者風なエピソードもあり
イベントはどれも面白かったです。
特にコトに至る部分とティースプーンのエピソードが。
エンディングは前作見ないとパロだってわかんないよねー(笑)
前作エンドの性急さも若者らしくて好きだったけどね、私は。

category: 乙女 クローバーの国のアリス

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。