Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ダンデライオン(ときめきメモリアルGirl'sSide3rdStory・4) 

 

コーイチクリア。
ルカは1年目3月まで。

さすがブラックプリンス(笑)といいますか
王子になると何か違うなぁ…と。
彼にとって主人公の大切さがよくわかるし
今回、彼氏サイドからのエピソードが見れる
ADVってのがついてますが、そこのエピソード内容も秀逸。
一通り読んでからエンディングに向かうと感動もひとしお。

だからこそ玉緒くんやニーナのADVが勿体ないなぁ…と。
(私がオープン出来なかっただけで、いい感じのADVがあったかもしれません)
個人的には玉緒くんには文化祭のことを
ニーナにはバイト先での発注ミスのことを
もっと踏み込んでくれたらよかったのになぁ…と(まだ言うか)
でも、これは『GS3』の出来が標準以上だからこそ
いえることなんだと思います。

カレンを見てると高校時代の友人を思い出します。
テニス部で超美人で性格がさっぱりしてて
言葉使いまで単刀直入、さっぱりし過ぎてた彼女(笑)
モテモテだったけど、ものっそい断り文句言われて
打ちひしがれて帰る男子も沢山見たなぁ…。

以下、コーイチ感想。
・コーイチ
お兄ちゃん、なんですな。
大事なモノを守りたいけど、自分の力では限界があることを知ってて
それを自分でも見ないようにしてる、という。

ADVで見る「弟と妹(主人公)の笑顔が見たかった」とか
弟を連れて行こうとするサクラソウを引きちぎった過去を悔いて
こっそりサクラソウの面倒を見てたりとか
この子のエピソードはどれもセツナイです。
オトナになるのに1番抵抗していたのも彼なのかも。
だからエンディングの言葉が胸に迫るのかもしれません。

『ギルバートグレイプ』のデップの役を彷彿とさせますね。
父の死のショックから超肥満になって動けない母や妹や
知的障害児の弟の面倒を見てる彼は
「自分は家族の犠牲になってる」って思ってる反面
そんなことを思う自分自身を嫌悪してる。
いつまでも弟のヒーローでありたかった彼は
出来ない自分にいらだってたような気がします。

諏訪部は役にハマり込むタイプじゃない役者さんだからか
要所要所、冷静に声を収めていく、そこら辺が上手すぎる。
これは弟との演技対決になりゃしないか…と
今から心配しとります(爆)

私がオープンしたADVじゃないのかもですが
END後、あのダイナーで3人同居してるんですね。
風呂や洗濯機なさそうなのに。
弟との部屋のすぐ上(螺旋階段だけ)なのに。
弟、いたたまれないよなぁ…と思った次第です(爆)

category: 乙女 ときめきメモリアルGirl'sSide 3rd Story

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。