Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

男が女を愛する時(風色サーフ・3) 

 

セルジュとアレックルートクリア。

ヨハンルートも、もう9章終りまで進めているので
あとは隠しキャラさんのみでコンプの模様。
最後にもう1度オズウェルルートプレイしますけれども(爆)

16歳〜48歳までのキャラとの恋愛を見ていってるわけですが
それぞれ年相応の恋愛表現がなされてて、それが新鮮でいいですね。
主人公も年が近い相手だと手を差し伸べるように
年が離れていると相手に手を差し伸べられ支えてもらったりもして。
若手さんとベテランさんの声優さんをバランスよく配置しているのが
余計いいのかもしれません。

そして別ルートに入ってもキャラ像が全くブレないのもいいですね。
ちゃんと性格に沿って主人公を友人として守り支えてる。
ルカは誠実さで、コリンは意表を突いた言動で(中身はしっかりしてるし)
アレックは優しさ、クラウスは包容力、といった具合に。

全面的に褒め称えてる感のある『風色サーフ』ですが
ただ、セルジュとヨハンのルートの主人公に対しては
整備屋という仕事に誇りを持つ主人公じゃあ、いまいちないところが
違和感があったりしますね。
他のルートが自分の仕事に生きがいを持ってるんで、余計に。
・セルジュ
あからさまに好意を示してくれて、それはそれでいいんですが
家族を失って暴走するあたりがね(汗)
少年の思いこみによる暴走なのはわかってはいても
周囲を巻き込んでいくのがどうも苦手といいますか…
私なら何度殴ってるんだろうか、と(爆)
主人公があっさり整備の仕事を捨てるあたりが違和感あったのですが
イライラとさせられながらもENDの余韻はいいものだったので
上手くまとめられていたんだなぁ、と思いました。

・アレック
それぞれの物語にはテーマというものが存在していて
アレックは「再生」なんだろうなぁ、と思っていたらそうでした。
彼がもう1度翼を取り戻す物語を丁寧に描いていたなぁ、と。
主人公だけでなく、恋敵(?)のオズウェルをも絡めているのも見事だと。
(またオズウェルも彼らしいいい筋書きになってるんだわ・笑)

恋をしてからの小山さんの演技がすごい。
大人の魅力がプンプンしていましたよ(笑)

category: 乙女 風色サーフ

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。