Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

すばらしい日々(カエル畑DEつかまえて☆彡・2) 

 

広瀬ルートクリア。

独自ルートに入るのが遅めなので
攻略キャラ達のカッコいいイベントが
1つは見れるようになってる『カエル畑DEつかまえて☆彡』
ネクタイ締めてあげるのハム男イベントと共に
本の雨降るイベントに惹かれたジミー。
プレイされたブロガーさんの記事にも
「ジミーいいよ、ジミー」っていうのが多かったので
楽しみにプレイしましたが…本当でした。

すげぇです。
序盤で出てきた伏線が全て回収されてる。
(放置なままの乙女ゲーも結構多いので)
独自ルートに入ってからはシリアスな展開になるので
出てくるキャラの思いの強さに
プレイしてる私がメゲそうになったりするのですが
笑いの要素も充分に入れつつ泣かす部分は泣かして
感動する部分は感動させる。
ハム男もオミくんも楽しくプレイさせていただきましたが
ジミーのは性格が彼ら2人より捻くれている分
センスのいい会話が多かったし
シナリオのバランスがよかったです。
ソフト自体、今年プレイした中では
上位に入るくらいの出来の良さかもしれません。

FD欲しいよ、FD。
7月に発売されるのになんかのってるかなぁ。

さて、お目当てのルートをクリアしてしまい
只今ちょっと放心気味。
残るキャラは3人、戸神先輩を攻略予定なのですが
ボルテージ、同じくらいにまで上げられるかなぁ…。

以下、広瀬感想(ネタバレありです)
・ジミー
人との付き合いを損得で考え、本当の自分を隠し
何でもソツなくこなせる優等生…を演じるために周囲に気を使ってる。
ことごとく運がなく、何かある時はいつも雨。
そして、捻くれたことしか考えられない自分自身が何よりも嫌い。

「ホントの自分、見せていい?」イベントから
意地の悪い子になっていくんですが(笑)
自分が傷つかないように壁を作るのかな、と思ったら
周りを自分が関わることで傷つけないようになんですね。
自分のせいで町全体に禍が起き始めた時も
自分の中のあらゆる感情を抑え込んで妖怪になろうと決意する。
そんな壁を静かにブチ壊し、ジミーと向き合う主人公(笑)
会話の主導権は口の達者なジミーが優勢なんですが
実力行使は主人公のが上なんですよね。

序盤の鉛筆のエピソードをはじめ、自分を押し殺してること
(差し込みが痛くなるのは自分を抑え過ぎてるのに体が耐えられていないのでは?と)
雨男だから雨が嫌い、という部分にまで
伏線が回収されてるのがスゴイ。
そして彼自身が隠してた内面も
ハム男の内面と対比してあるのもスゴイ。

取り込み体質&主の力+主人公の浄化体質の化学変異で
「嬉しいと雨が降る」体質になったのが良かったなぁ。
自分の感情、友達にわかるのはかなり恥かしいけど
雨のこと好きになるんじゃなかろうか。
まぁ、男としての本能抑えるのは大変だろうけど(爆)

入野くんは相変わらず流れる水のように喋るので
そのままでいて欲しいなぁ…と思ってます、ええ。
淡々した感じがジミーに合ってたし
複雑な内面抱えるのに表面では見せないジミーを表してたなぁ、と。
キスシーン、きっと「音入れて」って指示あったんでしょうね。
…これからもツワモノばかりだし、気を引き締めよう…。

category: 乙女 カエル畑DEつかまえて☆彡_

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。