Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Purple Line(Last Escort-Club Katze-・5) 

 

レイENDを見ました。

今までプレイした中では1番甘かったように見受けられます。
カップルになってからはアマアマなまま終わった気が。
これがオトナとワコウドの差、なんだろか。

主人公が攻略キャラと恋愛関係になっても
「信じてもいいのかな?」みたいな発言があるのは
Good ENDとBonus ENDのEv.が共通だからなんだな、というのは
レイ攻略してる時になって、やっとわかったのですが
恋人関係になってからの同伴やアフターの会話は
それ専用のモノがあればよかったのに、と思いました。
あと、前作でも思ったんですけど
シャンパンコールはキャラ独自のモノがあればよかったのになぁ。
(1作目はFDでキャラ別のモノが収録されてたハズ)
1作目の檜山キャラのボソボソ言ってるコールがカッコよかったので
つい、望んでしまうんですよね…。

以下、レイ感想。
・レイ
振り回し系、いました(笑)
感情の起伏が激しく、隠すことが出来ず
情緒不安定気味なのは子供の頃の虐待の影響なのかもですが
ころころと転がる石のように態度が変わります。
正直、心の傷があっさり癒えることは難しいと思いますが
そこはそれ、ゲームということで(爆)
体だけの付き合いからスタートでしたが
恋人になってから、相当アマアマな方になってしまい
ラストまでノンストップでしたね(笑)
シリアスな展開だったのに、テニス再開あたりから
こっぱずかしくて笑うしかなかったような
「もし自分が主人公だったら」みたいな脳内変換はもう出来ませんでした。
「お幸せにね♪」みたいな感じです。
前半のEv.で動物にだけは心を許すレイみたいなのがあって
主人公がネコを預かったりしてたのに、それきりで終わってましたね。
ネコも好きだけど主人公も…みたいなのがあればよかったのに。
ま、ダイニングでエッチしてる時にネコ来られても困るか(爆)

ゆうきゃん、気を許し始めてからの喋り方を変えてたような気がしました。
後半、甘いセリフだらけでしたし。

category: 乙女 Last Escort -Club Katze-

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。