Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

めまい(暗闇の果てで君を待つ・3) 

 

穂波ルートクリア。

一応、使える時間はゲームしてるのですが
今まで規則正しかった家族たちの生活リズムが
一気に夜型になってしまったせいで家事時間がずれ込み
夜にPC立ち上げて色んなモノをチェックするのが精いっぱい
夜中にゲームする時間すら失いかけております。
(家族の『モンハン』HR上げの手伝いもあるし)
携帯機はまだ手の空いた時にチョコチョコ出来ますが
据置機は………(滝汗)
去年の頑張りのおかげで積みゲーはかなり減ってはいるんですけどね。
(そして、その減り方に一抹の寂しさも感じたりする・爆)

さて、『クラキミ』ですが
穂波くんクリアして、残り3人になりました。
タッチする場所、救出方法はさほど変わりないですが
(それでも若干キャラによって違うので、ドキドキすることもある)
出てくるキャラクター、犯人含めてそれぞれに裏があり
その裏がしっかりしてるんで、納得して話を進められます。
(1日で暗が明になるのもどうかと思いますが
異常な1日だからこそそういうのもアリなのかもしれないな、と)

パッケージの絵とか見て、最初どうだろう…と思ってたんですが
スチルは綺麗だし、特に主人公の女の子の顔がいいですね。
すごく好感が持てます。

しかし、そのまま略すと『暗君』になるので
さすがに暗君は意味が違うだろ…と思っていたら
カタカナなのですね。
(ブロガーさまに教えていただきました、ありがとうございます)

以下、穂波感想。


拍手、ありがとうございました。
・穂波
主人公がパートナーを選ぶ際、幼馴染以外を選ぶのは
どうも心情的に違和感があったのですが
「内通者かもしれない」という疑いを持って選ぶ、というのは
よく考えられてるし、主人公の頭の回転の良さも出ていいなぁ…と。
そして、今までプレイした中では人物関係や心情が
深く絡み合ってる内容だった気がしました。
なんで、ここにいるのかよくわからなかった(爆)綿貫さんの
裏も知ることが出来ましたし、犯人捕まったし。
色んな意味で手間のかかる穂波くんでしたが(笑)
主人公と意外に身長差があるなぁ…と(スチルで)
愛する人が異形のモノに変化するのは
耐え難いショックだったろうな、と思うのと同時に
麦畑にはアレはいないのか?大丈夫だったのか?という
妙な心配までしてしまいました(汗)

category: 乙女 暗闇の果てで君を待つ

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。