Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

笑って、恵みのもとへ(夏空のモノローグ・4) 

 

浅浪センセクリア。

夏休みも間近に迫り
いよいよ据置機ゲーの時間の取りにくい期間がやってまいりました。
このソフトをクリアしたら『ジョカアリ』
手に入れば『STSKAFAU』をプレイする予定ですが
携帯機では『遙か5』と『コルダ3』という
自分ではプレイするかビミョーなソフトをプレイする予定。
(特に『コルダ3』は演奏中に「Bravo!」なる声が入った時点で終了する可能性大。
演奏中に声かけするって普通ありえないことだし、多分そこが許せなくなりそうなので・汗)

それ終わったら待望の『P3P』なんですが。

商売にはガメついけど(爆)いい作品も出していたコーエーが
ビミョーゲーを連発する日がくるとは…。
前々から3本柱で推し進めるのはヤバいとか、色々言ってたんですが
商売ばかりにまい進した結果
どうにもこうにもならなくなってるんだろなと思ってます、勝手に(汗)
(『遙か3』とか『無印コルダ』は私の乙女ゲーBest5に入ってる)
だからといって、売れた他社ゲーのニュアンスだけいただいたり(ヲイ)とか
同じソフトを2周もするぐらい他機種に移植する
オトメイトの商法もどうか?とも思いますけどね(笑)
まだ、新機軸を打ち出そうとする姿勢があるだけいいかもです。
(でも、売れ線と新機軸に使う金の差が歴然としている・笑)
まぁ、オトメイト作品の中でもこの『夏空のモノローグ』は
1、2を争うほどの出来の良さなわけですが。

前記事のように部長のスチル探しに木野瀬ルートを途中まで再プレイしてみたり
センセルートをやり直してみたりしたわけですが、結局出てくることはなく(爆)
何だったんだろうなぁ…とは思いますが、気にしないことにしました(笑)

しかし、攻略キャラの周囲、これってほど「交通事故」って文字出てくるな。
これもループと関係あるのか?

以下、浅浪センセ感想。

拍手、ありがとうございました<(_ _)>
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 乙女 夏空のモノローグ

tb: --   cm: 0

△top

パイケロン(パタポン3・1) 

 

パイケロンがいるために木に勝てないのを知り
すっかり心が折れてしまいました。

前作までわらわらいたパタポンが4パタポンに減ったことにより
前のように様々な種族を使い分けてってことが出来ないだけに
その4パタポンをバランスよく?あらゆる種族に成長させ
あらゆるステージに臨まねばいけなかったようです。

…ってか、出来ないって…。

各ステージにはこのLv.ならクリア出来ますよ的な
推奨Lv.があるのですが、そのLv.でクリアが難しく
Lv.上げも推奨Lv.を超えると経験値がつかないので上がらない。
1パタポン1種でのみLv.上げしていたので
パイケロンがダメなら次…ってことをすれば
変更したパタポンを鍛えるのに、同じぐらいの時間がかかるわけで…。

「どうしても勝てない時はマルチで強い仲間を呼んで戦ってもらってね」
「クエストクリアにはマルチでもらえる“とっぱアイテム”が必要」

…って、私のようなPSNに繋がない、一緒にプレイ出来る仲間もいない
ソロでしか楽しめない、アクションベタな人間はプレイするなってこと?(泣)

遊べる3つのステージのウチ、ソロだと1つしか遊べないし
(他行くとジィさん星に「マルチじゃなきゃ帰れ(嘘)」といわれる・笑)
今までの頑張った果てには未来が見える的なENDは私には無理そうです。

期待してた分、悲しみは果てしなく(笑)
でも、怒り?はついったーやゲームメーターで呟いたので、もういっか。
ソフト、遠慮なく処分出来そうですよ…。

category: 一般 パタポン3

thread: ゲームプレイ日記 - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

Romantic-追記アリ-(夏空のモノローグ・3) 

 

木野瀬END見ました。
木野瀬くんは、最後の方に置いておいた方が(以下略)。

部長の天才っぷりが恐ろしい。
彼は見ていないようでよく見ている。
「僕が寂しい人間だから同じ思いをしている人はわかるんだ」
…みたいなことを言ってましたが。

(6/23追記)
ただいま4周目、センセを攻略中なのですが
3周目の「特異点・冬」でしか出てこないセンセ&部長寄りの選択肢(選ばなくてもクリアは出来る)
4周目以降の「特異点・春」でしか見れない木野瀬イベ?&スチルがあるのを
攻略サイトさんにて理解し、も1回木野瀬プレイしようかと悩み中です。
別にスチルコンプを目指してたわけじゃないんですが
見れない→今やり直せば見れるかも…だと、見ておきたいじゃないですか(笑)
(6/25追記)
木野瀬ルート再プレイしてみましたが、「特異点・春」の木野瀬スチルはなく
おそらく「部長と話す」を選択した際に出るであろう部長スチルと推測。
クリア毎に文章が変わっていくのは面白く、飽きがきませんが
こういう時、困るな。

1人クリアしたら次にすぐいけない何かがあるぞ『夏空〜』。
インターバルをおかないと
ついつい「選ばなかった」彼のその後とか考えてしまう。
ビジュアルブック(だっけ?)が欲しいかもと思ったのは
『風色サーフ』以来かもしれない。
でも、お値段が随分なので買わないんだけどな(爆)

ゲーム中に5つ盛り込まれる部活動「LRC活動」ですが
攻略キャラ寄りのものを選ばなくても、攻略には関係なさそうです。
これもクリア毎に数が増えてってるので
スチルコンプとか目指すのならチェックしながらのがいいかもです。
(1つのLRCで2人分のCGとカットが出る場合がある。6回プレイしたら回収出来るらしい…)

以下、木野瀬感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 夏空のモノローグ

tb: --   cm: 0

△top

ツキアカリ‐追記アリ‐(夏空のモノローグ・2) 

 

2013/7/13 感想を追記しました。 

篠原ENDを見ました。
篠原くんは、最後の方に取っておいた方がよいかもしれない。

私は主人公に自分を投影するタイプではないのですが
それでも主人公って大事だなーと思う次第で。
個人的にハチャメチャ破天荒な主人公でもOKなのですが
(それでも周囲に無神経だったりすると気持ち萎える)
自分の出来る範囲のことを
精一杯やろうとする子だと大好物だったりします。
『夏空のモノローグ』は登場人物モブに至るまで
優しく、そして寂しい人ばかり出てきますが
主人公が辛い過去を持ちつつも精一杯
「自分に出来ること」を見つけていく姿に好感が持てます。
主人公って大事だよね、うん、大事だよ。

この作品、クリア毎にテキスト追加&変更されて
内情がわかったらわかっただけ変化してってるんですよね。
私は部長→篠原くんとクリアしてってますが
その個別ルートで明らかになった部分を主人公が「知って」いる。
「デジャヴ?」ってなこと言ってるんで
「7月29日」ループの他にも沢山のループが重なっているに違いない。
多面的並行世界とでもいうんだろうか…。
昨日見たアニメの『シュタインズゲート』のような感じなのか?

共通ルートの選択肢で攻略キャラ寄りの選択肢を選んでいくと
彼の背後にある「明日にいけない理由」ってのが見えるし
序盤や中盤から話の展開もある程度読めてくるんですが
わかっていても気持ち持ってかれるってことは
上記のような文章の追加含めて、丁寧に緻密に仕事された結果なんだろ、と。
甘い言葉や派手な展開も必要なんだろうけど
私は甘さ控えめでも地味でも静かでも、こんな物語がいいや。

この作品や同じく評判のいい『デザートキングダム』を移植せずに
『ヒイロノカケラ』とか移植しちゃうんだね…。
…えらい人はわからんのですかね(ガンダムの無名の人の言葉のようだ)
いや、オトメイトのえらい人は、この良さをわからないままでもいいや。
見る目のない人でいっそいて欲しい(ヲイ)

以下、篠原感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 夏空のモノローグ

tb: --   cm: 0

△top

素敵にシンデレラCOMPLEX(VitaminXtoZ・4) 

 

P2終わって、とりあえず終了。
天とやっくんは家族がやってくれるので終わったらフルコンプ。
コンプしたら声優さんのトークだけ聞かせてもらおうっと(ヲイ)

ツッコミ&スルー、テキストでそれらしい部分は
文章に違和感があるので、慣れればラクでした。
1人2時間ほどでクリア出来てしまいますが
メイン12人、サブ11人もいる中で、この内容はいいんじゃないかと。
まぁ、キャラによって甘さに差が出てるとは思いましたけど
それはそれで仕方ないのかもですし。
FDで様子見て本編へ…ってことは絶対出来ないですけど(笑)

Xではキヨハル&翼、Zでは千聖&那智はよかったです。
キヨハルはいじめっ子といざという時のあの自信(頭の回転のすこぶる早いことよ)
千は普段鷹揚としてるのにいざという時のあの積極性
つまり、ギャップがよろしかったのではないかと。
T6は新八…じゃねぇ、真田センセが可愛かったです。

以下、P2感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 VitaminXtoZ

tb: --   cm: 0

△top

いつかこの道の先に(夏空のモノローグ・1) 

 

部長END見ました。

さっきのブログ記事で更新した『CLOCK ZERO』のPSP移植を見ながら
オトメイトって乙女ゲーを作るにあたっての重要度って

声=絵>おまけ>システム>>>>>シナリオ


…こんな感じかな?と勝手に思ってるんですけど(爆)

これ、オトメイトじゃないだろ?

それぐらい『夏空のモノローグ』はシナリオの出来がすこぶる良いです。
破たんのない筋書き、きっちり積み上げてく設定や伏線
キャラも進めるごとに深みが出てくるし
文章も読みやすいし、変なクセもない。
シナリオ担当の方、外部から連れてきたのか?と思って
昨日調べたぐらいですから(あの『緋色〜』の方で正直驚いた)

永遠に続く「7月29日」。
そのループから外れた科学部メンバーは
ループから脱出し「明日」を見ることを願いながらも
それぞれが持つ「過去」が原因となって
楽しかった「今日」がずっと続くことも願っている。

何て言うか…キャラが地に足付いてます。
とんでもねー天才とかもいるんですが、それでも高校生らしい。
起きている出来事は派手ですが(笑)
感情の描写も恋愛の表現も地味、でもそれがいい。
主人公は大人しいですが、そこに理由があるし
「私には何も出来ない」とかって全く動かない子じゃないし。
(オトメイトの作品はこういう子多くて、苦手だったりする)

気になる点といえば…やはり絵なのかな?
オトメイトらしいキラキラさはありません。
瞳もブライトさん仕様(白目がなく肌色・笑)だし。
エンド後もエピローグがなかったりします。
終わりあっさり過ぎてこっちが驚きです(爆)
キャストも人気どころをガンガン出してるわけじゃなく
若手の方が多いです。
でも、岡本信彦くんや阿部敦くんが出ております。

とりあえずは
個別ルートに入ったらならばぶっ通しプレイ推奨(笑)
私は家庭の事情で、コレ出来ないのですが
小さなことを積み重ねっててからの後半
切なさが爆発するので、感情盛り上げていった方が泣けると思います。

追記にて部長感想。


以下は拍手レスです。
拍手、ありがとうございましたm(__)m

>mikuさま
『夏空のモノローグ』今のトコ移植なさそうですよね(^_^;)
オトメイトって絵の人気で移植も決めてそうな気がしないでもないので…www
プレイされた乙女ゲーマーの方は、移植を望まれてる方も多いので
その声が届けばいいのにと思います。

-- 続きを読む --

category: 乙女 夏空のモノローグ

tb: --   cm: 0

△top

想い出は美しすぎて(VitaminXtoZ・3) 

 

アラタ&千聖クリア。

ホントなら『夏空のモノローグ』開始するはずだったんですが
『パニパレ』からここのところ一気にゲームやってたので
一呼吸置いてみました。
続けて何度もクリアしていってると
メモを取らずにプレイしてるワタシにとって
ただでさえクリアしたイキオイがなくなってるのに
日をあけると感想なんざ覚えてないわ、真っ白だわで
ろくなことがねーと思いまして。
今日はmixiのサンシャインタウンを
今まで放置してたので街作りし直してみたりしました。
(だが、まだ未完成。アレ、作り直すの結構辛いし大変だったりする)

『夏空のモノローグ』『ジョーカーの国のアリス』をクリアしたら
一旦区切って溜めていたFD3本をプレイする予定。
『ワンド〜』『ガネクレ』『猛獣使い〜』かな?
コンプしてないのは『猛獣使い〜』だけなんですが
出来るのか? アチコチの評価がいいんで手には入れましたが。
これやって、モニター当選したら手に入る『STSKAF秋』
あと2、3本で今年終了かな?
『STSKAF秋』は失恋END後の設定らしいですが、失恋END見てねーよ。
1度見とかないとイミフなんだろうか。
購入予定の乙女ゲーはオタツアーで一気に買うので
今年中のプレイはムリだろと予測(爆)

さて、アラタルートクリアした時点で
「Zは甘くないのかな?」とか思ってたんですが
いやいや、そんなことはなかったです。
千があまりにストレートなんでビックリした。
残りP2をやってひとまずENDとしようと思っているんですが
彼らは一体どうなるのか。

以下、アラタ&千聖感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 VitaminXtoZ

tb: --   cm: 2

△top

憎みきれないろくでなし(VitaminXtoZ・2) 

 

ハジメ・翼・清春クリア。
Zへ移行してアラタクリア、千聖Chap.1まで。

うわぁ…サクサク進んでる。
ブログに記事が追いつかないってこと今までなかったし
毎日のように更新とか、どんだけ頑張ってんだ、ワタシ。
やっぱり「好きゲーだけやる」ってのがいいのかもしれない。
今日、プレイ出来なさそうなソフト何本か処分したので
積みゲー増えるプレッシャーからも少し解放されたしね。
(でも「何で買っちゃったんだろう」とか「どして出来なかったんだ?」の後悔は残る)

XからZに移行して思ったことですが
Xは年末年始設定なのでB6もT6もかなり好意が上がってるんですが
Zって夏休みなのでA4もP2もGTRもそこまで好意が上がってないんですね。
この出来事がきっかけで仲良くなるってのはあっても甘さはない。
GTRなんて態度冷たいんで、ちょっとショックでしたよ…。
ノーマルEND見ても先生よりのENDが見れるわけでもなく
キャラデータも先生分はオープン出来ないし。

以下、ハジメ・翼・清春感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 VitaminXtoZ

tb: --   cm: 2

△top

Wondering up and down 〜水のマージナル〜(GARNET CRADLE・4) 

 

サーリヤEND見ました…で、コンプ。
しかし、PSY・Sいいなぁ、今聞いても。

とりあえず全員攻略しての感想ですが
結局、キイチ以外は主人公を中心にした
真紅な絆でグルグルになっていたわけですね(笑)
主人公、恐るべし魔性の女。

謎は解明出来た部分と出来なかった部分がありました。
迦神は「傍観者」の立ち位置だけど「何者」なのかはわからず
(「ファナティカ」あたりからのキャラなのかとも思いましたが)
エマは結局何者で最後どうなったのかもわからず。
イブリースを愛すものだと思ってたんですが…違うのか?

恋する描写が丁寧で、まっすぐ想いをぶつける主人公が可愛いです。
ただ、ソウやサーリヤルートだと見返りを求めるというか
「私は彼のこと好きなのに彼は好きだと言ってくれない」
…と言って泣くので、そもそも両想い限定の恋ってアリ?
主人公を想う周りは貴女に見返りなんか求めてないだろーと
とか思うと、主人公傲慢だなぁ…とモヤッとなったり(汗)
嫌いって言われるの怖いから仕方ないとは思いますが。

サーリヤルート終盤までは
「主人公はリヒトとくっつけばよい」という考えでしたが
ミフターフが消えると夢の世界を全て忘れる、というのを知って
リヒトの為には主人公を忘れるのが1番よいのかも…と思ってしまい(汗)
だって、あの下手な小細工しないで済むんだもん(笑)
本人必死なだけに見てるこっちがつらかったっす。
正直、誰と主人公がくっつけばいいかわかりません。
もう椿ちゃんとののちゃんとの3人ENDでもいいと思える(ヲイ)

人を好きになるドキドキ感はトーヤルートが1番ありました。
目が合った、話せた、手が触れた…のような
初恋感バリバリの2人にこちらもドキドキしました。
けど、誰がイチオシかとなると…。
攻略キャラ、みんなそれぞれ切ない部分があったんですが
精神面がみな脆いので(だから主人公頑張れるんだけど)
気持ち大きくて優しいキイチも案外脆かったからなぁ。
反対にソウのように感情微塵も出ないってのも困るし。
しいていえばリヒトかな?
放っておくと何するかわからないし綺麗な顔でグルグルしてそうだし(爆)
こういうの珍しいなぁ…仮にも乙女ゲーなのに(笑)

以下、サーリヤ感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 GARNET CRADLE_

tb: --   cm: 2

△top

EARTH 〜木の上の方舟〜(GARNET CRADLE・3) 

 

ソウENDを見ました。
「そう」と呼ぶより「かえで」と呼びたい、無理だが。

乙女ゲーに出てくる女の子キャラが好きだったりします。
女の子END狙ってプレイすることは面倒なのでほぼありませんが
(『金色のコルダ』以外。冬海ちゃんと天羽ちゃんはそりゃあ頑張りましたともさ)
男の子攻略途中で目一杯女の子と遊べるということありません。
カフェトークとかパジャマデートとか萌える萌える。
反対に女の子に敵対視とかされると萎える萎える。

サーリヤを1人残すにあたって、欲が出てきました。
クライマックスが、まぁいわゆる金太郎飴なんですが
あれ、バリエーションあってもよかないか?
トーヤの時も弓自慢なのに剣持つの?とか
キイチは主人公と一緒に真紅の剣持ってもいいじゃん、とか。
PSP版はイベント追加されてるみたいですが
クライマックス変更はされてないんだろうなぁ。

ところでリヒトは左利き、でよろしいのかな?
自分が左利きなせいもあるんですが
ゲームとかで左利き設定の子が出てくると嬉しくなります。
乙女ゲーとかのスチルで
元絵を反転させてるせいかどうかわかんないのですが
ペン持つ手が右だったり左だったり落ち着きがない(笑)のが多くて
そういうのもチェックすればいいのにとか思うこともあって。
昔、『緋色の欠片』で真弘がスチルでは左利きなのに
文章では右になってて「どっちやねん…」と思ったことありました。
(結局、スチルの方が正しかったわけですが)

以下、ソウ感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 GARNET CRADLE_

tb: --   cm: 0

△top

気絶するほど悩ましい(VitaminXtoZ・1) 

 

瑞希・瞬の3つのEND見ました。
ただいまハジメChap.3まで。

(このブログは1日1記事と決めているので予約投稿しとります)
『パタポン3』を家族に取り上げられ
代わりにPSPに刺さってた『VitaminX』なのですが
こちらも同時進行してる『ガネクレ』とは違った意味で楽しめてます。

攻略キャラが12人と多いので1キャラ全4章と短いのも仕方ないと思えるし
短いながらも楽しめる内容になってます。
同じ前田さん絵の『恋愛番長』と比べて中身が詰まってる気がしましたが
これは本編がしっかり作ってあったからかもしれません。
物語も主人公とキャラの関係が本編の合間になってても違和感なく
2つのENDはそれぞれ本編の続きになってるのも見事。
(ノーマルENDは先生寄りのENDになっとりました)
スチルも綺麗です。
特にXの主人公、最初はおばさんっぽく描かれてたりしていたのに比べると
ものすごく魅力的になったと思います。

以下、瑞希・瞬感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 VitaminXtoZ

tb: --   cm: 0

△top

眠れる森の美女(GARNET CRADLE・2) 

 

リヒトENDを見ました。
記事タイトル、クリア後コレしか思い浮かばなかったので(爆)
一応、往年のPSY・Sに揃えようと思ったのに2つ目で既に挫折。

ソウEND見てからまとめて感想をあげるつもりだったのですが
毎回メモ取ってるわけじゃないので
ただでさえ、記憶力がないのに
日が経つとますます忘れてしまうじゃないか…なので
覚えてるうちに感想やっちまおうかと思ってます。

日参してるブロガーさまの記事を見てから
『咎狗の血』がプレイしてみたくなっとります。
BL…ってか乙女でもそうなのですが
「声付き18禁描写」が苦手なのもあって
友人から貸してもらっていたのに途中で挫折してたのです。
PS2やPSPに移植されたものなら18禁描写がないと思うので
私でもプレイ出来そうな気がするのですが
1番みたいものが腸出しENDなので(笑)PC版が妥当だろうと。
まぁ…いざ購入してもいつプレイ出来るかわからないし
この興味もいつまで続くかわからないもんな…。
単に何武者のキレた演技が聞いてみたいだけなのさ。

で、『ガネクレ』なのですが。
3人攻略してますが、恋する過程が緻密で良いですね。
色々な恋するパターンが詰まってるように思います。
1人ENDを迎えると即次にいく気にもなれないくらい
主人公と攻略キャラの気持ちの通じ合いにハマれます。
そこまで力を入れているのに
なのに…何故に後半悲しいほどに金太郎飴展開なのか(爆)
リヒトの場合ちょっとは捻ってましたが
キイチなんざ、わざわざトーヤと
全く同じ展開にする必要なかったろ?と(笑)

今1番気になるのはエマでしょうかね。
彼女が何を思って行動しているのかわかる時はくるんだろうか。

以下、リヒト感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 GARNET CRADLE_

tb: --   cm: 4

△top

Friends or Lovers‐追記アリ‐(GARNET CRADLE・1) 

 

トーヤ&キイチENDを見ました。

去年からの乙女ゲー熱ダダ下がりを防ぐべく
今まで置いておいたとっておきゲーを次々プレイしてってるんですが
その中の1本が『ガネクレ』だったりします。
会社が茨城にあるので心配してたんですが
制作中のゲーム完成後しばらくお休みされるみたいですね…。


いわゆる現実と夢の世界を行き来する物語なんですが
それが一筋縄ではいかなくなっててとても凝ってます。
主人公を取り巻く世界は何度もプレイしないと理解できないように
謎が散りばめられてるようで2周目でもまだ謎が多いです。
物語も何度も捻ってあって
単純に想いが通じたから終わりってのではないですが
トーヤもキイチも同じ筋で相手が違うだけだったのは…(汗)
これから攻略する相手は現実・夢の世界に深く関わってる人なので
違う展開を期待しても…いいのかな?

その分っていうか、Boy Meets Girlってーか
主人公が男の子と出会って恋に至るまでの過程が
ものすごく丁寧に描かれています。
目があった、話せた、手が触れた…などなど
それに一喜一憂する主人公と攻略キャラに
こっちがキュン(//▽//)となることも多かったです。
攻略対象も「主人公を必要とする」キャラばかり。
ものすごく繊細で傷つきやすそうです、みんな。
個人的には女の子キャラ、椿ちゃんやののちゃんが可愛いです。
女の子ばっかENDでもいいぞ、私。

絵はすごく綺麗です。
『ガネクレ』は元々絵に魅かれて購入を決意したのですが
スチル・効果と共にクオリティが高いです。
手足を大きく描かれているのは
乙女ゲーの作画されてる方には珍しいようにも思います。
音楽も綺麗ですよね。
ウチの音の悪いPCでもホーン系とか綺麗に入っております。
声優さんもどの役をされてもいいぐらいの方ばかり。
モブもメインキャラの方が主に演じておられるようなので
誰がどの役をされてるか当ててみるのもまた一興かと。

気になったのは、いくら事情があるとはいえ
周囲が「恋」「恋」言いすぎなところかな…。
あれじゃあ、自分から好きになったのか
周囲に影響されてその気になったのか分かりづらい。
(私だったらあないに周囲に言われたら思い切り萎える…)
あと、パッチ入れてのプレイなんですけど
誤字とか音声と文字と言ってることが違うとか、多いですね…。
パッチ入れる前はどれぐらい間違ってたんだろうとか思いました。

以下、トーヤ&キイチ感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 GARNET CRADLE_

tb: --   cm: 0

△top

いろいろ。(ときめきメモリアルGirl'sSide3rdStory・6) 

 

『ときメモGS3』をやり直していたわけですが。

再プレイしても新たにわかるものがあるというのは嬉しい。
コウが主人公をまるで小さな花を慈しむように
大事に大事にしていたのもよくわかったし
告白ENDはまるで彼が懺悔をしているようにさえ見えた。
諏訪部の演技もホントに素晴らしくて
感嘆の息(っていうの?)しか出なかった。
ルカも「失いたくないから」こそ
桜井の親やコウに距離を取ってたんだと思ったら見方が変わった。
いざ三角関係になってどちらかを選べってなったら
ルカは捨てられんとさえ思ったよ。

優しすぎる人たち、なんだなきっと。
他の乙女ゲーや前作達に比べて話の筋が野暮ったい気もしてたんだけど
細かな伏線がどちらものルートを見ることで回収されてく
派手な展開だけに囚われてちゃダメだったんだわ、きっと。
三角関係は良心咎めるので出来れば見たくないんだけど
(コウ寄りのモメイベントは聞いてるだけで泣きそうになった)
設楽さんの「俺は引かない」は見てみたい。
芸術家らしい激情なんだろな、きっと。

category: 乙女 ときめきメモリアルGirl'sSide 3rd Story

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。