Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

女はそれを我慢できない(VitaminX Evolution Plus・4) 

 

葛城・二階堂は2通り、九影PerfectENDクリア。

プレイ開始からB6とT6は
主人公に好意を持ってる状態なんですね。
だもんで、本人選び放題(笑)

ものすごく期待してプレイ開始したT6ですが
ENDは2通りあっても、前後編の2章しかシナリオがなく
その2章で1年経過してるのだけども
どうしても急展開にしか見えなくって。
(ノーマルエンドが生徒と先生のENDみたいなので
そっちプレイすれば繋がりあったかもなんですが)

せめて、もう1章あれば…と思ってしまいました(汗)

あと、先生と結ばれるのには
生徒を踏み越え(?)なければいけなくて。
あれもどうにかならなかったのかなー。
ゴロちゃんみたいに応援してくれるカタチだったら
こっちの良心も傷まないのに。
最初にプレイした葛城センセの時は
真壁が失恋しても、たっつんカッコよかったので(笑)
まだ我慢できましたが
九影PerfectENDでの七瀬から奪うカタチでのENDは
ただでさえかなり不憫な七瀬にまだやるか(爆)
そう思うといたたまれなくて、仕方なかったです。
そんなこんなで九影DreamENDも他のセンセも
プレイが出来なくなり、これにて終了ということに。
和彦さんプレイしたかったのになー。
草薙くんが失恋なんて考えられないもんな(爆)

…というわけで以下、葛城&二階堂&九影感想。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 乙女 VitaminX Evolution Plus

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: --

△top

I love you より愛してる(VitaminX Evolution Plus・3) 

 

七瀬&真壁クリア。
葛城PerfectENDを見たところ。

これでB6はノーマルEND以外を見ました。
追加エピソードもいくつか開いていますが
これは落ち着いてから(?)見るということで。

主人公ですが
熱心で前向きで見てて気持ちいいと思う反面
特定のキャラに入り込み過ぎ
もっと周りにも気を配ってやれよ、とイラッとする時も。
傍から見れば「贔屓する先生」に見えても仕方ないですし
でも、それいったらおしまいよ、とも思ったり(爆)

B6の中ではハジメが1番よかったかなー。
「お母さん」的存在、苦手だったはずなんですが
温和に見せかけた情熱パッショネイト(爆)なトコがいいなぁ、と。

B6の声では岸尾くんが楽しかったです。
美少女声からおっさんまでバリエも富んでおもろかったー。

葛城センセはDreamEND見てから
他のセンセとまとめてあげることにして
以下、七瀬&真壁感想など。
-- 続きを読む --

category: 乙女 VitaminX Evolution Plus

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: --

△top

天使よ故郷を見よ(VitaminX Evolution Plus・2) 

 

斑目&ゴロちゃんクリア。
ただいま七瀬くんChapter.1。

家族のモンハン素材集めを手伝ったために大幅に遅れてるビタX。
やっと4人目クリアして鳥さんに突入しております。

ツッコミ&スルーのテキストが
キャラ登場順のあとになるにつれて
補習の際の答え間違いに集中してる気がします。
これだと簡単にツッコミ&スルー出来ていいにはいいんですが
面白味に欠けちゃうんですよね…。
普段の会話の中の言い間違いを見つけて
ツッコミ&スルーする方が断然楽しいです。
まぁ、テキスト自体に間違いがあるので
こっちのが確実といえば確実ですが(爆)

以下、斑目&ゴロちゃん感想。
-- 続きを読む --

category: 乙女 VitaminX Evolution Plus

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: --

△top

SAMISHISA'S ON MY MIND(VitaminX Evolution Plus・1) 

 

草薙&仙道クリア。

PS2版を持ってたけど未プレイ、今回初めて。
前評判は聞いてたので楽しみにしていたのですが
まずは2人を終えてからの感想を。

まず主人公が気持ちいいくらい前向き。
イケメン生徒を見てうっとりしたり
家事や方向感覚がナッシング(爆)ですが
生徒を立ち直らせようとする、その
ブレない心が見てても心地いいです。
攻略キャラも超個性的キャラですが
それぞれ心に傷を持つ?者ばかり
それを主人公の前向きな言動で
心を開いていきます。

1年過ごすというので長くだらけるかと思いきや
スルーとツッコミチャンスを狙ったりしないといけないので
テキストに集中しなければいけないし
話のテンポがいいのでサクサクと進められます。
アチコチに遊びも仕掛けられていて
それを探してみるのもまた一興。
操作性も良いので、繰り返しプレイも快適。

難点はどのキャラも起きる出来事は同じなので
6月には運動会で騒動があって
8月に瞬くんのライブ行って…とか
キャラ別の違いしか楽しめないところ。
(先生Verはきっと違うと思いますが)
あと、テキスト自体おかしな文章や誤字があって
それをスルーとツッコミチャンスと間違えるところ…でしょうか?
(例えば「小心者」を「こごころもの」と呼ぶのはおかしいと思うんですけど…違うの?)
3度目の移植だけど、テキスト直してなかったりするのかな?

とりあえず、以下
草薙&仙道の感想など。
-- 続きを読む --

category: 乙女 VitaminX Evolution Plus

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: --

△top

柊‐追記アリ‐(ときめきメモリアルGirl'sSide2ndSeason・2) 

 

太郎・古森・赤城ルートクリア。
佐伯ルートもクリア。

…つ、疲れた…。

最後に王子をプレイ予定だったんですが
名(迷?)セリフ「頼むよ、堪えられないんだ!」を
4回も聞いてしまい少々飽き気味です(汗)
プレイしたらここに追記するということで。


隠しキャラは、とりあえず事故チューは佐伯くんにして
キャラに必要なパラ(気配り120・魅力140)を
密さんで上げながら、1人外出を36回。
2年目10月から古森コマンドが
2年目3月から太郎コマンドが解禁になるので
交互にコマンド使用して3年目9月1日に共通セーブデータ作成。
こっから単独で狙う…という方法を取ったのですが
密さんと修学旅行でまくら投げがしたくてクリスくんを出したり
気まぐれに手作りチョコを佐伯くんにあげたりしたせいか
隠しキャラなんでサクサク進められるかと思いきや
メインキャラ達のイベントがどんどん出てくるので
ちっとも前に進みゃしねぇ(爆)
1度見たイベントはスキップしてやっとクリアです。
NDSiLLは重すぎて手首がどうにかなりそうでした。

新規の2人の感想は追記で述べる?として
まず赤城くんですが
追加されたコンサートのイベントのおかげで
より赤城くんの気持ちがわかるようになってましたね。
また、そのスチルもいいんだ。
告白のボイスも、またノジケンがよくって
あんな切なげに囁かれたら、もうダメでしょう〜(笑)
ヘッドフォンでプレイしてたら、多分悶絶してました。
佐伯くんは普通の男の子っぽくなってましたね。
仮面の部分が少なく、親しみやすい部分が強く出てる気が。
タッチでオデコにチョップ(スライド)が効果的なのは笑った〜。
でも、森田声で「ヤメッ…」とか、そういうのはダメだと思います(爆)
すっごい健康的なイメージあるんで。
後で中井さん聞き直したけど(ヲイ)エロかったなぁ…
低音ボイスなのに(笑)

名セリフはやっぱり色々思うこともあるんですが
まぁ、いっかと(爆)

PS2版でイチオシだったハリーを今回プレイしていないので何ですが
志波くんのが好きだったかな〜。
佐伯くんのは王道だし、感動もしたんですが
志波くんの運動キャラなのに物語が静かに進むあたりがね?
主人公の周りにいる男子、ものっそい目で睨んでそうですけど(笑)


しかし、志波くんとデートしてる時の選択肢にあった
海賊船来襲(この答えで◎)とか
太郎くんのエピローグに出てきた家族で弦楽四重奏とか
あれはOKなんでしょうかね?
三刀流のウニ頭さんとか月の名前のヴァイオリニストさんを
思わず思い出してしまったのですが。

最近、古いCDを聞き直しているのですが
Do As Infinityの『柊』の歌詞が彼らっぽいなぁ、と思って
タイトル、ソレにしています。


以下、太郎・古森感想。
-- 続きを読む --

category: 乙女 ときめきメモリアルGirl'sSide 2nd Season

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: --

△top

Little By Little(ときめきメモリアルGirl'sSide2ndSeason・1) 

 

志波・真咲ルートクリア。

オアシスは『BECK』のEDテーマよか、こっちのが好きですな。
タイトルにしていいものか、悩みましたが。

1作目をプレイした時から気になってたので2作目もプレイ。
タッチシステムが2作目からは大接近モードになり触りまくりというので
どんなんだろう…と思っていたら…自分が痴女になった錯覚を覚えました(爆)

タッチ→キス、スライド→(腕など)掴む、(目)見つめる こする→いたずら


男の子の上半身に、こんなことしまくってる女の子ってどうなんでしょう(笑)
真咲さんの時は冗談でカムフラージュする彼を
うえださんが流れるように喋ってたので、さほど思いませんでしたが
志波くんの時はあのサムライな中井ボイスに?と思うと
毎回引っ越したくなるほどこっぱずかしかったです。
まぁ、6回成功後見れる「ぐるぐるタッチ」でのENDでは
触りまくった理由が主人公サイドから語られてて
「なるほどなぁ…」と納得しましたが。

NDSになって画面が近いせいなのか、はたまた声のせいなのか
男の子サイドの心情がすごくよくわかりますし
男の子サイドから見る主人公の可愛さもわかる。
真咲さんなら主人公への思いを「後輩」の肩書きで
必死で抑えようとする姿が見えますし
森田王子はまだ攻略していないのですが、遠目から見ても
喫茶店と高校生活の両立が彼を疲弊させてるのがわかる。
PS2版をプレイしてても、わからなかったことが
NDS版ではよく見えてくるのです。
移植の際、シナリオ見直したのかな?
PS2版はもう持っていないので確認のしようがないのですが。

1年目のクリスマスで
「メリークリスマスなんて言えねぇ」といった志波くんが
3年目では「メリークリスマス」と言える。
中学の時に止まった時が、主人公によって流れたんだというのが
こういう部分でもよくわかって、このイベントは感動しました。
甲士園で優勝するの結構大変だったので余計思ったのかもです。

中井さん、よかったなぁ…。
老けた高校生だな、って最初思いましたが(爆)
ナンパ撃退する悪役のような感じと(笑)
照れたあとにふっと力を抜いたように喋るあの感じと
イジワルする時の茶目っ気ある喋り方と。

そんなこんなで、NDS版で追加された2人と赤城くん
森田王子攻略に向かいます。

category: 乙女 ときめきメモリアルGirl'sSide 2nd Season

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: --

△top

ウナ・セラ・ディ東京-追記アリ‐(STORM LOVER・1) 

 

タイトル全く関係ないです(爆)

タクミ&恭介ルートクリア。
11月までプレイしたと思い「もう2ヶ月なんだから…」と
再開してみましたが、実際のところ10月で止めてて
それから3月まで4時間かかりました…長かった…。

誰かと恋人になって1年過ごすゲームなんですが
バカップルになるにも倦怠期になるにも全て自分次第。
4月からプレイ開始して、お目当ての人に声をかけ続ければ
1ヶ月後恋人になって、夏前にはバカップルになります。
その関係を続けたければ、今まで通り付き合い
倦怠期を迎えて別れたり、よりを戻したり
ライバルに取られたり、取り戻したりするには
自分から他の男に声をかけ続けなきゃいけない。

バカップルだと愛の言葉も派手ですが(笑)
盛り上がりもなく淡々と1年が終わってしまいます。
攻略キャラの内情が後半出てくるとはいえ
2人の関係を壊しかねないようなモノでもなく
2人の絆で乗り越えるようなモノでもない。
だもんで、ゲーム的に盛り上げたければ
修羅場を自分で作らないといけないんです。
小悪魔要素が必要なんですね、楽しもうとすると。

(恭介ルートで知らない間に司センセともいい感じになってましたが
あからさまな行動を取らない限り彼の不満度って余り上がらないよう。
それよかBBSに噂書き込まれた方のが驚いたよ…何なんだって・笑)


攻略キャラもCPUで自由に動くようになれば(ガンパレのように)
このゲーム、めちゃくちゃ面白くなると思うんですよね…。
好感度が下がったら、他の女の子と仲良くなる攻略キャラ
気がついたら浮気されてたとか(爆)
同じぐらいに好感度上げてるキャラが何人もいたら
本人のあずかり知らぬところでケンカになってるとか。

タクミが結構エロかったので恭介もかな、と思ったら
高校生らしい爽やか交際でした。
同じバカップルでもタクミはエロさで乗り越えましたが
恭介はコントのようなバカップルっぷりでした(笑)
主人公もバカップルだと、こっちが引くよな発言
ガンガンぶちかましてきますし…そういうモンなんだろうけど(爆)

クリア後見れた「口説き王決定戦」は
裸の錬金術師の方(笑)が声も好みでした。
これは初回版限定なんですね。

category: 乙女 STORM LOVER

tb: --   cm: --

△top

花になれ(ときめきメモリアルGirl'sSide1stLovePlus・2) 

 

只今『STORM LOVER』をプレイしているのですが
『ときメモGS1』の天童くんと千晴ちゃんをプレイしたので
感想といいますか、雑記を。

どちらも隠しキャラなので、1年目は千晴ちゃんメインに外出し
2年目から登場の天童くんのために学力を有沢さんで上げていきながら
3年目の10月、文化祭前で分岐出来るようセーブデータ作成。

天童くんルートは「不良とお嬢様」な60年代アメリカ映画っぽいテイスト
隠しルートなのでイベントが少ないのが勿体ないくらいの
いい感じに出来ていました。
もっとイベントがあれば、気持ちも入ったのに…という感じ。
千晴くんのはキスなくてもよかった気がします。
「LIKEのキスから始めていいですか?」つって、口にするの?
…って、そう思いましたもん(汗)

てか、やっぱ王子が1番なのかなぁ…と思います。
天童くんルートで最後に王子と一緒に下校したんですが
「(3年間で)俺は…変わったか?」って聞かれたんですが
これって、子供の頃に出会ってからって意味合いも込められてる気がして
すごく切なかったです。

積みゲーがあまりに多いのと、年末からモンハンにハマること確定したので
これからはAmazonとかで評判のよかったゲームをしようと思ってます。
とりあえずは『三国恋戦記』『ときメモGS3』は確定かな…と。
もしかしたら来週から『VitaminZ』やってるかもですが。

category: 乙女 ときめきメモリアルGirl'sSide 1st Love Plus

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。