Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

スバル 感想(DIABOLIK LOVERS・4) 

 

スバルクリア。

シュウルートで乙女ゲ?だったものが
スバルルートで乙女ゲーになりました(笑)
アヤトとカナトが残ってるけど、これにてひとまず終了~。
レポート書いたら、それで終わりだっ。

最初の3人がどこまでキワモノ(アヤトはそうじゃないと思うけど)OKかのお試しで
攻略制限のある3人が乙女仕様と真相ルート…と考えればよいのか?
レイジルートで真相語るな、別枠作れと思わなくもないが(汗)

繋ぎのないエピソード羅列で30個、すべて読まねば終わらないというのは
例え起承転結まとめられなくても、このやり方ならボロが目立たないだろうし
そういう仕組みは「読ませる」目的においては上手いやり方だと思う。
「吸血」という建前でごまかしてはいるけれども中身は壮絶なエロス
しかもダミヘで臨場感ある甘いセリフが耳に垂れ流し(笑)というのは
画期的だしよくやったなぁ…とも思うけれど
結局、シチュエーションorドラマCDにイラスト付いただけ、てな考えもぬぐえない。
だから今回は割と楽しめたけど
今後の乙女ゲーが皆こんな風になったら困るな、と思う。
主人公が人形で、ブツ切れのエピソードを声付きで聴くだけ…ってのは
もはやゲームじゃないもんね…。

絵は綺麗だけど、綺麗過ぎて異常性愛に染まった際(笑)の
主人公の表情に嫌悪感が出たのは内緒です。
3人のお母さんの絵とかはキチッと描かれてなかったな。
コーデリアなんか主人公より目立ってたのにも関わらず(笑)
声優さんは皆さん百戦錬磨のツワモノばかりでしたので
ダミヘでそれぞれのキャラを生かした演技を堪能させていただきました。
特にライトとカナトは下手な役者さんがされてたら
目も当てられない結果になってたと思う。

4人プレイしただけですが、中身はスバルがピカイチでその次がシュウ。
3章構成からなるのに3章目で強烈な中だるみがなく
クライマックスまで盛り上げていったのはスバルルートだけだったので。
シナリオ担当の方、ここだけ違ってたんじゃないか?と思うほど。
エピソードではシュウルートでの一線を越える?イベント
「からかうのはもう飽き飽きしてんだ」のくだりと
スバルのコンプレックスを払しょくする「内面が綺麗だ」のくだりが好きです。

以下、スバル感想。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 乙女 DIABOLIK LOVERS

thread: DIABOLIK LOVERS - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

シュウ 感想(DIABOLIK LOVERS・3) 

 

シュウクリア。

ライトやレイジルートの主人公が余りに無個性なので
ついつい男性目線からのドS発言をぶちかましてしまいましたが
シュウルートの主人公が人形ではなかったのと
クリアしてから1日経って落ち着いてきたことなどで
「ディアラバは乙女ゲーム」という認識が出てきました。
いや、忘れる方がどうかしている。

3人プレイしてMだと主人公、Sだとコーデリアが強く作用してるのが
なーんとなくだが気に入らなかったりします。
MもSも自分の意志でやってくれといいたい。
でも、コーデリアが動かないと話にもならないルートもあるので
これは致仕方ないことなのかもしれませんが。

あと、Dark、ManiacのEp.は2人の仲に進展がみられるけど
Ecstasyの10話使っても2人の関係は停滞したまま
エピローグとエンドで話が動く…って感じなので
毎回そこで飽きてしまうのが難かな?
正直10話もいらない、ヘブンシナリオの3話分あれば充分だと思う。
(EcstasyはどのEp.もエロス(笑)なので、いい人はいいと思うけど…私が性急なのかもしれない)

まぁ…アレですね。
男性向けR-18ならば男の声も余り入ってない分
どんなグロでもガンガンプレイ出来るような気がしてきました(笑)
プレイしたい作品はあるんだよー?Nitroのとか。


以下、シュウ感想。
-- 続きを読む --

category: 乙女 DIABOLIK LOVERS

thread: DIABOLIK LOVERS - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

レイジ 感想(DIABOLIK LOVERS・2) 

 

レイジクリア。

右耳が基本悪く・弱いので、なるべくヘッドフォン装着で
ゲームなどしないようにしているんですが
『ディアラバ』は(私としては)初めてのダミーヘッドマイクを使った
ゲームであるので、それを堪能するために
1部分だけヘッドフォン付けてプレイしております。
ライトの時はあの囁きに「くぅ…勘弁してください」な感じだったのですが
レイジの時は背の高い人が上から喋ってる感覚
息遣いが耳元に風圧としてかかる感覚が味わえました。
ダミーヘッドマイクってどの高さに置かれてるのかわかりませんが
レイジの中の方は背も高いですし、だから上から聞こえるのかなー?とか
そんなことも思ったりもしています。
ライトはね、終始耳元やうなじで聞いてる感覚でしたね。
そこはさすがにヤヴァイだろ、と(笑)

BGMも重要なセリフの時は音を切って聞こえやすくしていたり
そういう部分も丁寧だなと思いますが、中身…何とかならんのかな(汗)
主人公の没個性っぷりについついドS仕様発動しそうですわ(笑)
あんだけ何もないと調教する甲斐がないじゃないか(違う)

以下、レイジ感想。
-- 続きを読む --

category: 乙女 DIABOLIK LOVERS

thread: DIABOLIK LOVERS - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

ライト 感想(DIABOLIK LOVERS・1) 

 

ライトクリア。

実はこの土曜日に日本橋まで平川さんイベに行ってまいりました。
なんていうか、ホントに誠実なお人柄が前面に出てて
すごくすごくよかったです。
周りの平川さんファンの方が「髪の毛切ってるー」とか
「めずらしー、髪の毛セットしてるー」などの情報を聞いて
「ほう、そうなのか…」と思うことしきり。
ファンの方も年齢層が幅広いので私のようなアラフォーでも
恐縮することなく楽しく過ごせました。
あと前から2列目、平川さん寄りの席だったので
お水を飲む平川さんをガン見してたんですが
お水が喉を通る、その様子がエロかったです(笑)
喉の動きがあんなにセクシーだとは思いませんでした。
ついったーに昨日も上げたんですが
カエルの王様のイベントだったのでサイン会用のチケットの半券に
「大阪に来てくださってありがとうです♪」という吹き出し付きの
カエルイラストを描いたものを同行した家族に渡してたんですが
サイン会の際家族に「わぁ…カエルさんだぁ…」と言ってくださったようで。
家族がミニマムで童顔なので小学生くらいに思われて
声をかけてくださったのだと思いますが、この一言で
家族は「一生平川さんについていく」と申しておりました(笑)
平川さん、地声はすごく小さく静かな面持ちの方ですね。

…というわけで『ディアボリックラヴァーズ』です。
1周目終えての感想なので違ってくるかもですが
システムはオトメイト仕様…というよりQuinRoseっぽい?
絵や音楽はもちろん綺麗ですし、音声収録にダミヘを使ってるので
ヘッドフォン必須で緊迫感ある演技を楽しめます。
内容…は繋ぎ目のないエピソードが30個。
CDからの発展系?のようで内容は終始エロ(笑)
ボカしてはいますが、ちょいと妄想すればかなりヤヴァイことやってます。
ゲームをプレイするというよりシチュエーションCDの延長といった感じです。
これは上手いと思ったのは、序盤のルート確定後
1度ENDを迎えるまでスキップ出来ないこと。
30+αあるエピソードは全て読み進めなきゃいけません。
甘いけど恋愛してる過程は一切見えないので(ライト√)は
好き嫌いがハッキリ分かれるなぁと思いました。

以下、ライト感想。
-- 続きを読む --

category: 乙女 DIABOLIK LOVERS

thread: DIABOLIK LOVERS - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。