Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ヘンチョコリンなヘンテコリンな娘(Panic Palette・6) 

 

リーディ&隠しENDにてコンプ。

同時進行で『ときメモGS3』もやってまして
2度目なんで取り立てて感想を記事としてあげる気がないので
ここにつらつらと記してしまいますが
最初プレイした時とは随分印象が変わりました。
主人公が超美人の結局、超セレブ同士の恋愛SLGなんじゃん、とか
桜井兄弟の設定がTVの青春ドラマっぽくありえなくね?とか
(1の三原くんとかマジでありえなくね?なんですけど…そこまで思い到らなかった・汗)
そういうことが色々とひっかかってイマイチのれなかったのですが
キャラの事情を知って再プレイしてみると
若さゆえに至らない不器用な感情の表現の仕方とか
あぁ、そういうことかと思い到る部分が多かったりします。
…ってか、シナリオ何て細かく描き込んでんだ。
家族が桜井兄弟三角関係プレイやってる音声を聞いてて
「こういう理由があるからああいう態度なんだ」とかよりわかるので
三角関係ルートとか試してみた方がいいですね。
まぁ、私は怖くて出来ないけど(爆)
友人とも話してたんですが
ルカ断るなんてありえねーってか、消えそうでコワイ。

ただ、一途に1キャラ狙ってたら後半ヒマで仕方ないのがネックか。
爆弾処理があった方がやることも多く(面倒だったけど)
やり応えがあったように思います。


…というわけで『Panic Palette』ですが(爆)
下がりきった乙女ゲープレイテンションが盛り返したくらい
すごく楽しかったです…保存版ソフトとして認定。
(ソフトがかさばるので保存版50本以外は全て処分する方向で動いております)
ルートによって展開がダンゴ状(?)になり
ゴチャゴチャしたまま終わったものもありましたが
友人との三角関係、教師との恋愛、従兄妹同士など
色んな設定でも「勢いに任せていっちゃえー!」ってこともなく
ドロドロ展開もなく、真摯にそれぞれの問題について語ってます。
何よりも見ててキツいキャラがいないのが1番。
主人公が15歳なんで、甘さも控えめですが
その分、友情を色々なカタチで見せてもらえます。

システムですが、あのシナリオスキップ機能は
1周目、エピソード多くて無駄に長く
独自ルートに入るのがものっそ遅いので
便利っちゃ便利ですが、残念の度合いも強いです(爆)
選択肢で止まってくれたり、スキップしても好感度に関係ないってのは
『ラスエス2』で手ひどい失敗させてくれたモノより性能はいいですが
別の選択肢を選んでもまるっとスキップなんて、どういうことだ。
バックログでも当然読めないし、初めはそりゃあ驚いたよ。
あと、立ち絵とスチルの絵が別人なのでこれもちょっとビックリかも。

個人的にはナイくんルートがイチオシ。
風紀委員メインなので笑いの要素も多分にありながら
後半の「中途半端に真面目」ってな悦ちゃんのナイくん評から
今までの彼の言動に違う意味があったことがわかるという
ニクいあのシナリオの展開が好きで仕方ない。
2回見たもんな、あのイベントだけは。
次は嘘と真実の使い分けがよかった白原ルートかな?
キャラは寡黙で男らしい烏羽くんがよかったかな。
沢登先輩がスゲーかっこいいんですけど、攻略キャラじゃないもんなぁ。

以下、リーディ&隠し感想。

拍手、ありがとうございました。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 乙女 Panic Palette

tb: --   cm: 2

△top

これが男の生きる道(Panic Palette・5) 

 

真朱センセルートクリア。

『恋愛番長』のが先にクリアしているものが多いのですが
パーフェクトENDをまだ見れていないので
感想はそれを見てからにしようかなと。
一応4人攻略で終わりとする予定。
感想もキャラ毎にではなく1作品で1記事にまとめます。

クリア後なるべく早く
ブログに記事をあげることにしているのですが
遅くとも来週いっぱいまでは後手後手(?)に回るかもです。
先週からの雑多な用事がつまってるせいなのですが
それまで内容忘れなければいいなぁ…。

以前はちょっとしたメモを取って記事あげてましたが
私の場合メモ取るとプレイ時のテンションが落ちてしまい
感想の為のゲームプレイになってしまうので止めました。
だからこんなまとまりもなく中身のないシロモノになってしまうんですが(汗)
勢いつきすぎてプレイ中に感じたホントに伝えたいモノすら
忘れてしまっていたり。

『Panic Palette』も残すところあと1キャラ+隠しになりました。
真朱センセルートはしんどいというのを
あちこちのブロガーさんの感想で読んではいたのですが
何て言うかな…「大人」と「子供」という認識や
「教師と生徒の恋愛」についてのTAKUYOサイドの見解を
しっかりカタチにされたという印象を受けました。

登場人物でリーディの元婚約者で
彼を慕って異世界から密入国(?)してくるルカって子がいるんですが
烏羽くん攻略から今まで、主人公に対して頑張ってくれるんですよ。
言うべきところで言って、動くべきところで動いてくれる。
今度はその子がライバルかぁ…(はぁ)
女の子キャラも大好きなので出来れば争いたくはないなぁ。
多分、烏羽ルートのようなプレイヤーが心を痛めない展開には
してくれるんでしょうが。

以下、真朱センセ感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 Panic Palette

tb: --   cm: 2

△top

ハイ それまでョ(Panic Palette・4) 

 

『ときメモGS』熱が治まらず、Amazonで3をポチしそうです。
(この記事を上げ終わったらポチしてるかもしれない)
家には既に1本あって、それでプレイも済ませてるんですが
共用してると自分じゃ開いてないイベントとかも見れちゃうし
自分で頑張った気がしないんですよね。
家族のデータが残っててもそんな気がするのに
中古なんて誰かのデータが残ってるの、もっと買えないしなぁ。
かといって、いざ手元に置いても
プレイするのに覚悟がいるソフトなんですよね、『ときメモGS』(笑)

…ざっとまぁ、こんな感じでヌイくんルートクリア。

前にプレイしたナイくんルートと大体が同じ展開なので
スキップでまるっと進めて独自展開のトコだけ見てました。
やっぱりヌイくんEND見てからナイくんEND見た方がいいかもしれない。
人によっては違うだろうけど、私はナイくんのがよかったかな。

4周目終わってノルとかチョーさんじゃないヨッシーの秘密とか
色んなことが明らかになってきてる。
ネタバレでちょっと知ってる部分もあるけど、まぁいいや。
とりあえず先生行ってメインのリーディ行ってみよう。
野島兄弟がメインディッシュ(爆)

以下、ヌイくん感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 Panic Palette

tb: --   cm: 0

△top

遺憾に存じます(Panic Palette・3) 

 

ナイくんルートクリア。

クリア条件になるシェルオーラが集まらなくて
1時はどうなることかと思いましたヌイナイルート。
元々の好感度が低い設定なのか1度に量が溜まらず
補助アイテムがないと正直厳しいかもしれない。
(満遍なく採取するよりどれかを大量に採取して
足りないものは変換で補うのがいいかもしれない)

ナイくんルートをオープンさせるために
いくつかヌイくんイベントを取りこぼしているのですが
シェルオーラ集め直すの、結構面倒になってきたので
(薄氷を踏むような感じでルートに入ったものですから)
この共通セーブデータ使ってヌイくんENDも見る予定。
…ごめんよ、完璧目指すつもりが早々に挫折して(爆)

メイン攻略キャラではなかった?せいなのか
キスシーンも甘い囁きも全くありませんでしたが
クライマックスでの遠まわしな「好き」宣言で余は満足じゃ、です(爆)
直接的な言葉や行為がなくても「主人公のこと想ってる」てのがわかって
これから先、続いていくんだな…って思わせてくれるのが好みなので。
『Little Aid』のPC版だっけ?も雰囲気ENDだったんだよねぇ。
甘くないって理由でPS2版になった時に
エピローグにキスシーンとか付けてくれたんだけど
正直いらねぇ…と思ってしまったクチなので(汗)

しかし、ナイくんルート隠し?ハンパなかった(笑)
元々がヌイくんルートからの分岐だから仕方ないとはいえ
好感度確認イベントではナイくんが出てくるのに
手帳で好感度確認してもヌイくんがトップになってるし
ルート確定が最後の方だったから
最後までナイくん出てこなきゃどうしようと思ったよ。

ここのところずっと
乙女ゲープレイ意欲がなくなってきてたけど盛り返してきたぞ。
やっぱTAKUYO面白いなぁ。
人を選ぶとは思うけど、私にはしっくり合うかもしれない。

以下、ナイくん感想。


拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 Panic Palette

tb: --   cm: 0

△top

こりゃシャクだった(Panic Palette・2) 

 

白原ルートクリア。

寝れなくてPC起動させたのに、放置したまま
『東京エンカウント』見て笑ってたらこんな時間になった。
明日きっと体調狂うと推測…でも、寝られない。

『カエル畑〜』を思い出します、『パニパレ』ってると。
主人公のツッコミ具合がジミーだなぁ、とか
烏羽くんがハム男っぽいなぁとか思ったり。
同じ会社のモノなんで、余計そう思うのかもですが。

さっき攻略サイトさん見てノルレッテが隠しなのだと知りました。
杉田じゃなかったんだー。
パッケージにでっかくキャラ絵載ってないので、そう思ってましたが
あれはナイくんが影薄いってこと、徹底してるんですねきっと(爆)

白原ルート、面白かったなー。
途中、シェルオーラの量が足りなくてBAD ENDになった時は
「異世界に白原くん、迎えにくるのか?」と思いましたけど(爆)
(BAD END見るとオーラ集めがラクになるアイテムがもらえるので得といえば得)
こういう感じのすれ違いが上手く出来てるシナリオ好きだなー。
個別ルートに入ると他キャラがほぼ出てこなくなったけど
烏羽ルートのように周囲に気を使わせるよかいいや。
キャラは烏羽くんのが好みなんですけどね。

今回、2人ずつ共通ルートを作って
そこから分岐して攻略しているんですが
次やるヌイナイコンビは共通ルート作ると
ヌイくんイベントがいくつか見れなくなるそうなので
しっかり最初からどちらも攻略してこうと思います。
1度見たイベントはスキップ出来るようアイテムがあるのですが
選択肢の出るイベントは違うモノを選択しても
そこから文章が始まるわけじゃなく、全部スキップされますので
「違う選択肢選んだら会話どう変更するんだろう」と思われる方は
イベントスキップより既読スキップのがよいかもしれません。

今回、クレイジーキャッツからタイトル取りしているのですが
60年代はパワーがあったなぁ、とか思ったり。

以下、白原感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 Panic Palette

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。