Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

カチカチカチと。(ほしがりエンプーサ・2) 

 

プレイヤーキャラ佐奈で小峰翔太ENDを見て
観月で九条雪人を攻略失敗。

佐奈でプレイの際、ライバルを蓬田さんにしたら
執拗に陣地取りプレイを強要(笑)され、2度負けました。
他のキャラをライバルにしようとも思いましたが
あんまり口惜しかったので、3度目でやっと勝利しました。
COMによって強さがランダムに代わるみたいで
次の山崎くんライバルの際は
本人全くやる気なしでしたけれども(爆)

お金と名声と時の運が絡み
ボードゲームだから仕方ないとはいえ
パートナーENDを見れるのもCOMの強さ次第なので
何ともやりきれないモノはありますね。
パートナーとのイベントすべてクリアしないと
いくら生徒会長になってもエンディング見れませんし
生徒会長ENDというのもない。
ただ、2人プレイだと1時間弱でクリア出来る分ラクですが。
パートナーENDは男×男END、女×女END
どのようにもとれる内容のエピローグになってます。
蓬田くんのは男プレーヤーで見ると意味深ですけどね(笑)
スチルもキレイですし、女の子キャラも可愛い。
川上とも子さんの演技がちょー素敵です。

WinからPS2、PSPに移植するにあたって
一部声優さんが後退しているんですね。
発売がノビノビになっていたのは
ここら辺の事情があったからかもしれません。
変更になった声優さんの名前を見る限り
ちょっと気になりますけれども、まぁ、ここら辺でヨシといたしましょう(爆)


次は『放課後は白銀の調べ』をプレイ予定。
もしかしたらPCゲーの何かを遊ぶかもしれませんが。
スポンサーサイト

category: 乙女 ほしがりエンプーサ

tb: --   cm: 0

△top

勝ちの見極め?(ほしがりエンプーサ・1) 

 

ソフトの消化という意味合いをも込めてプレイしている今年。
期待してるソフトは後回し(その限りでもないけれど)
積みゲーを減らすために日々努力(?)を続けております。

…というわけで
時間がかかりそうな『アラビアンズロスト』は週明けに回し
手を出してみたのが『ほしがりエンプーサ』。
しかも、5年近く放置しているPC版です。
男女8人からプレイキャラを選び
最大3人(COM)のライバルと対決できるすごろくで
パートナーを選んでイベントもこなし無事生徒会長になれば
恋愛風ENDが迎えられるというモノ。
1vs1だったら1時間足らずでクリア出来ます。

とりあえずプレイヤーキャラ・マリアでアルフレッド山崎
麗華で蓬田信爾をクリア。

プレイヤーキャラにしてしまうと音声が付かなくなるので
声を聞きたい場合はパートナーかライバルで選んだ方がよく
1プレイ50ターンと決まっているので
先にイベントを全て起こしてしまってから
マス(陣地)を取っていった方がよいかもしれません。
蓬田くんを攻略してる際
同じスペースにパートナー候補が他に2人いて
なかなかイベントが起きず、陣地も取れなくて
2度負け越しました。
いくらイベントをこなしていってもライバルに勝たないと
ENDが迎えられないので、それがなかなか大変かもです。

操作方法を読んでもいまいち理解出来なかったのですが
あてずっぽでやってみても、なかなか楽しかったです。
学校行事を優先的にクリアしてって
その間にパートナーとの親密度を上げライバルを蹴落とすという(爆)
しかし、ライバルとの対決はなかなかシビアで
4度プレイしていますが2度くらいしか勝ったことがないです。
特に運勝負なんざ、COMキャラの運の強いこと強いこと(爆)
お金と名声を溜めて、ちくちくと策略をめぐらした方が
ライバルの足を効果的に減らしていける気がします。

アルフレッド山崎は声もENDも癒し系
鳥さんの声も気持ち良く、言葉もはっきり聞こえて
(前にプレイした『風色サーフ』の音声がこもってて聞き取りにくかったせいもある)
蓬田くんは一体何をしたかったのかわからないEND(笑)ですが
俺様な諏訪部ボイスが堪能出来ました。

category: 乙女 ほしがりエンプーサ

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。