Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Wondering up and down 〜水のマージナル〜(GARNET CRADLE・4) 

 

サーリヤEND見ました…で、コンプ。
しかし、PSY・Sいいなぁ、今聞いても。

とりあえず全員攻略しての感想ですが
結局、キイチ以外は主人公を中心にした
真紅な絆でグルグルになっていたわけですね(笑)
主人公、恐るべし魔性の女。

謎は解明出来た部分と出来なかった部分がありました。
迦神は「傍観者」の立ち位置だけど「何者」なのかはわからず
(「ファナティカ」あたりからのキャラなのかとも思いましたが)
エマは結局何者で最後どうなったのかもわからず。
イブリースを愛すものだと思ってたんですが…違うのか?

恋する描写が丁寧で、まっすぐ想いをぶつける主人公が可愛いです。
ただ、ソウやサーリヤルートだと見返りを求めるというか
「私は彼のこと好きなのに彼は好きだと言ってくれない」
…と言って泣くので、そもそも両想い限定の恋ってアリ?
主人公を想う周りは貴女に見返りなんか求めてないだろーと
とか思うと、主人公傲慢だなぁ…とモヤッとなったり(汗)
嫌いって言われるの怖いから仕方ないとは思いますが。

サーリヤルート終盤までは
「主人公はリヒトとくっつけばよい」という考えでしたが
ミフターフが消えると夢の世界を全て忘れる、というのを知って
リヒトの為には主人公を忘れるのが1番よいのかも…と思ってしまい(汗)
だって、あの下手な小細工しないで済むんだもん(笑)
本人必死なだけに見てるこっちがつらかったっす。
正直、誰と主人公がくっつけばいいかわかりません。
もう椿ちゃんとののちゃんとの3人ENDでもいいと思える(ヲイ)

人を好きになるドキドキ感はトーヤルートが1番ありました。
目が合った、話せた、手が触れた…のような
初恋感バリバリの2人にこちらもドキドキしました。
けど、誰がイチオシかとなると…。
攻略キャラ、みんなそれぞれ切ない部分があったんですが
精神面がみな脆いので(だから主人公頑張れるんだけど)
気持ち大きくて優しいキイチも案外脆かったからなぁ。
反対にソウのように感情微塵も出ないってのも困るし。
しいていえばリヒトかな?
放っておくと何するかわからないし綺麗な顔でグルグルしてそうだし(爆)
こういうの珍しいなぁ…仮にも乙女ゲーなのに(笑)

以下、サーリヤ感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 乙女 GARNET CRADLE_

tb: --   cm: 2

△top

EARTH 〜木の上の方舟〜(GARNET CRADLE・3) 

 

ソウENDを見ました。
「そう」と呼ぶより「かえで」と呼びたい、無理だが。

乙女ゲーに出てくる女の子キャラが好きだったりします。
女の子END狙ってプレイすることは面倒なのでほぼありませんが
(『金色のコルダ』以外。冬海ちゃんと天羽ちゃんはそりゃあ頑張りましたともさ)
男の子攻略途中で目一杯女の子と遊べるということありません。
カフェトークとかパジャマデートとか萌える萌える。
反対に女の子に敵対視とかされると萎える萎える。

サーリヤを1人残すにあたって、欲が出てきました。
クライマックスが、まぁいわゆる金太郎飴なんですが
あれ、バリエーションあってもよかないか?
トーヤの時も弓自慢なのに剣持つの?とか
キイチは主人公と一緒に真紅の剣持ってもいいじゃん、とか。
PSP版はイベント追加されてるみたいですが
クライマックス変更はされてないんだろうなぁ。

ところでリヒトは左利き、でよろしいのかな?
自分が左利きなせいもあるんですが
ゲームとかで左利き設定の子が出てくると嬉しくなります。
乙女ゲーとかのスチルで
元絵を反転させてるせいかどうかわかんないのですが
ペン持つ手が右だったり左だったり落ち着きがない(笑)のが多くて
そういうのもチェックすればいいのにとか思うこともあって。
昔、『緋色の欠片』で真弘がスチルでは左利きなのに
文章では右になってて「どっちやねん…」と思ったことありました。
(結局、スチルの方が正しかったわけですが)

以下、ソウ感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 GARNET CRADLE_

tb: --   cm: 0

△top

眠れる森の美女(GARNET CRADLE・2) 

 

リヒトENDを見ました。
記事タイトル、クリア後コレしか思い浮かばなかったので(爆)
一応、往年のPSY・Sに揃えようと思ったのに2つ目で既に挫折。

ソウEND見てからまとめて感想をあげるつもりだったのですが
毎回メモ取ってるわけじゃないので
ただでさえ、記憶力がないのに
日が経つとますます忘れてしまうじゃないか…なので
覚えてるうちに感想やっちまおうかと思ってます。

日参してるブロガーさまの記事を見てから
『咎狗の血』がプレイしてみたくなっとります。
BL…ってか乙女でもそうなのですが
「声付き18禁描写」が苦手なのもあって
友人から貸してもらっていたのに途中で挫折してたのです。
PS2やPSPに移植されたものなら18禁描写がないと思うので
私でもプレイ出来そうな気がするのですが
1番みたいものが腸出しENDなので(笑)PC版が妥当だろうと。
まぁ…いざ購入してもいつプレイ出来るかわからないし
この興味もいつまで続くかわからないもんな…。
単に何武者のキレた演技が聞いてみたいだけなのさ。

で、『ガネクレ』なのですが。
3人攻略してますが、恋する過程が緻密で良いですね。
色々な恋するパターンが詰まってるように思います。
1人ENDを迎えると即次にいく気にもなれないくらい
主人公と攻略キャラの気持ちの通じ合いにハマれます。
そこまで力を入れているのに
なのに…何故に後半悲しいほどに金太郎飴展開なのか(爆)
リヒトの場合ちょっとは捻ってましたが
キイチなんざ、わざわざトーヤと
全く同じ展開にする必要なかったろ?と(笑)

今1番気になるのはエマでしょうかね。
彼女が何を思って行動しているのかわかる時はくるんだろうか。

以下、リヒト感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 GARNET CRADLE_

tb: --   cm: 4

△top

Friends or Lovers‐追記アリ‐(GARNET CRADLE・1) 

 

トーヤ&キイチENDを見ました。

去年からの乙女ゲー熱ダダ下がりを防ぐべく
今まで置いておいたとっておきゲーを次々プレイしてってるんですが
その中の1本が『ガネクレ』だったりします。
会社が茨城にあるので心配してたんですが
制作中のゲーム完成後しばらくお休みされるみたいですね…。


いわゆる現実と夢の世界を行き来する物語なんですが
それが一筋縄ではいかなくなっててとても凝ってます。
主人公を取り巻く世界は何度もプレイしないと理解できないように
謎が散りばめられてるようで2周目でもまだ謎が多いです。
物語も何度も捻ってあって
単純に想いが通じたから終わりってのではないですが
トーヤもキイチも同じ筋で相手が違うだけだったのは…(汗)
これから攻略する相手は現実・夢の世界に深く関わってる人なので
違う展開を期待しても…いいのかな?

その分っていうか、Boy Meets Girlってーか
主人公が男の子と出会って恋に至るまでの過程が
ものすごく丁寧に描かれています。
目があった、話せた、手が触れた…などなど
それに一喜一憂する主人公と攻略キャラに
こっちがキュン(//▽//)となることも多かったです。
攻略対象も「主人公を必要とする」キャラばかり。
ものすごく繊細で傷つきやすそうです、みんな。
個人的には女の子キャラ、椿ちゃんやののちゃんが可愛いです。
女の子ばっかENDでもいいぞ、私。

絵はすごく綺麗です。
『ガネクレ』は元々絵に魅かれて購入を決意したのですが
スチル・効果と共にクオリティが高いです。
手足を大きく描かれているのは
乙女ゲーの作画されてる方には珍しいようにも思います。
音楽も綺麗ですよね。
ウチの音の悪いPCでもホーン系とか綺麗に入っております。
声優さんもどの役をされてもいいぐらいの方ばかり。
モブもメインキャラの方が主に演じておられるようなので
誰がどの役をされてるか当ててみるのもまた一興かと。

気になったのは、いくら事情があるとはいえ
周囲が「恋」「恋」言いすぎなところかな…。
あれじゃあ、自分から好きになったのか
周囲に影響されてその気になったのか分かりづらい。
(私だったらあないに周囲に言われたら思い切り萎える…)
あと、パッチ入れてのプレイなんですけど
誤字とか音声と文字と言ってることが違うとか、多いですね…。
パッチ入れる前はどれぐらい間違ってたんだろうとか思いました。

以下、トーヤ&キイチ感想。

拍手、ありがとうございましたm(__)m
-- 続きを読む --

category: 乙女 GARNET CRADLE_

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。