Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

久美度邇興して生める子は(あさき、ゆめみし・4) 

 

壱人、霖ルートクリアにてコンプ。
BAD ENDや称号取得などで色んなモノが見れそうなのですが
やはり幸せに終わりたいので、そのままスルーということに(爆)

『あさき、ゆめみし』ですが
敵味方関係なく、登場人物の背景をしっかり作りこんだ
とてもいいソフトでした。
だから敵キャラとの恋愛も突飛じゃなく「有り得る」と思わされます。
…もう少しじっくり描いてくれてもよかったかもしれませんが(笑)
主人公の血の悲惨な過去の出来事などが
薙羽哉ルート以外でも出てくれば
もっと主人公に思い入れが出来たかもしれません。

どの攻略キャラも主人公と合うように思いましたが
個人的には救われるモノも多く、敵とほぼ互角で戦っていた
高虎ルートが一番盛り上がりました。
キャラの思いの深さからだと愁ちゃんもいいかもですけれども。
あと、安綱と風鬼ENDが見てみたかったです。
頑なな鋼が熱によって鍛えなおされるサマとか
主人公と妹に翻弄されつつ穏やかな日々を送るとか…ねぇ?

この間、平川ボイスに起こされるという
気持ちよい夢を見て、朝からいい気分だったので(笑)
次は是非に平川さんご出演なソフトをプレイしたいです。
『ヒイロノカケラ』が安価で購入出来たので、そちらか
『ハートの国のアリス』あたり?
平井達矢さんでも個人的にヨロシイので
『すみれの蕾』あたりでもいいんですけれども。
あぁ、でも『FF7』もやり直したいんですよねぇ…。
どうしよう、明日考えるか。


拍手、ありがとうございました。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 乙女 あさき、ゆめみし

tb: --   cm: 0

△top

夜刀神と椎の池(あさき、ゆめみし・4) 

 

カガチルートクリア。

記事のタイトルをつけるのに
ネットで色々伝承などを探しているのですが
ゲームに出てくる固有名詞(?)などが
その伝承に繋がっているのがおもしろいです。
『日本霊異記』を再読含めて
タタラとかオニとか調べてみても楽しいかもです。

カガチルートで祇王とカガチの入浴シーンがあるのですが
湯煙で白いモヤが出てて画像がはっきり見えません。
マウスでワイパーのように動かすとドンドン湯煙がなくなり
画像がはっきり見える不思議(笑)
マウスを動かさないとまた白いモヤに覆われてしまいます。
…何という手の込んだ効果なんだろう…。

残るは壱人と霖。
-- 続きを読む --

category: 乙女 あさき、ゆめみし

tb: --   cm: 2

△top

古き京に、一人の愚人有き(あさき、ゆめみし・3) 

 

高虎ルートと三鬼ENDクリア。

自分の状態でゲームに対する感想が変わることに
今更気付いた今日この頃(爆)
高虎ルート、今までプレイした中では1番よかったです。
攻略相手が変わるにつれて敵キャラの背景も見えてくるのですが
ミクと壱人の過去もとても切なかったです。

『日本霊異記』と何となく雰囲気が似てるなぁ…と思うのは
伝奇モノだからなのでしょうかね。
-- 続きを読む --

category: 乙女 あさき、ゆめみし

tb: --   cm: 0

△top

名残の夢(あさき、ゆめみし・2) 

 

祇王・愁一郎ルートクリア。
高虎ルートももうそろそろ終わり…といったところ。

『Starry☆Sky〜Summer〜』は3バカENDを見て
(感想をすっかり忘れていました・汗)
犬飼くんのいう「夏は過ぎるのが早いから云々」という
セリフに、過ぎ去った10代を思い起こしたりしてました。
なんで、3バカ単体で攻略出来なかったのか…残念です。
(Winterで犬飼くん再登場しそうなんですけどね)

さて、『あさき、ゆめみし』ですが
攻略を進めていくにつれて敵味方の内情が明らかになってきて
おもしろくなってきています。
ラストの戦闘シーンは主人公サイドの圧倒的勝利になるので
緊迫したシーンとか少ないですが(乙女ゲーだもんね・汗)
悪を働くにも理由があり、善の方にも罪がある
そういうエピソードを盛り込んでて
単純な勧善懲悪モノ(?)になってないところがよいです。
それに音楽も効果的で
OPやED曲もワタシの好みのものでした。

今のところ3つのENDを見ていますが
キレイに浄化して終わる薙羽哉ルートがやはりメインですね。
でも、敵全てを救えるわけではないんですけれど。
アヤと千方は薙羽哉ルートで
三鬼は高虎ルートで救うことが出来たので
背後を垣間見せてもらったカガチと壱人
すっごいワケありみたいな霖たんを楽しみにしています。
-- 続きを読む --

category: 乙女 あさき、ゆめみし

tb: --   cm: 0

△top

コノゴロミヤコニハヤルモノ(あさき、ゆめみし・1) 

 

薙羽哉ルートクリア。

退魔師である主人公の伝奇モノ。
登場人物は敵味方ともワケありばかりなので
敵・味方とも「戦う理由」というものがあります。
そして、それぞれの敵とする相手が違っているので
彼らのワケを知るには攻略するしかないみたいです。
戦闘シーンに関してはAVGなので動きはありませんが
蝶や桜の花びらが舞うシーンなど凝っていると思います。

システムは短縮(?)キーを押すだけで
スキップや自動送りなどが出来、快適です。
勝手にメッセージ回想になったりもしますが(爆)
文章もセリフとログの間違いが何箇所かありますが
意味合いはさほど違っていないものばかりなので
許容範囲といいますか…全然大丈夫です。
ただ、途中で表示される「称号」と
退魔師としてのランクがどのようにつけられてるのか
イマイチわからなかったりします。
これからプレイする従兄妹や後輩くんなどは
ランクが上でないと恋愛END見れないみたいなのに。
(特定のキャラと会話せず場所を「清め」ればいいみたいですが)

薙羽哉ルートをプレイしていて
主人公がいざという時に役に立たないのと
全般的に役に立たない(旧:翡翠の雫の主人公?汗)のとは
どちらがプレイしてイラッってくるんだろう…とか
思ってしまいました(滝汗)
続いてプレイしている祇王ルートでは主人公活躍しているので
「守られる側」としての主人公を
描いているんだなって思いましたけれども。
まぁ、「守りたい」「守られたい」は
プレイヤーの好みの問題ですもんね。

しかし、何故に安綱は攻略対象にならなかったんだろうなぁ…。
彼の見てみたかったのに。
-- 続きを読む --

category: 乙女 あさき、ゆめみし

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。