Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

征木 感想(Glass Heart Princess・4) 

 

真之介クリア。

ファミ通を買って先ほどまで読んでいましたが
個人的に燃える内容のものはなし。
乙女ゲに関する記事もほぼなかったので
こちらは来月以降かガルスタ待ちになるかもしれません。

テンションの低い時期だったので記事にも呟きにもしなかったのですが
大島渚監督の逝去は私にとってちょっとした事件でした。
『戦場のメリークリスマス』が多分、劇場で1番見た邦画だったと思うので。
(洋画で1番観たのは『メトロポリス』です多分…サイレントの)
昔、名画座ってか古い作品ばかりを上映する映画館があって
一般の映画チケットよりも割安だったので中学生の頃よく通ってたのです。
「やっぱ映画は大きな画面で見なきゃね」とかふざけたことほざいて(笑)
教授やD.ボウイが出てたこと、男同士のキスシーンがあったこと
(今見れば全然たいしたことないんだけど、801も知らない中坊だったのでかなりドキドキした・笑)
ビートたけしが狂気じみてたこと、メインテーマがすごく好きだったこと
唯一趣味の合った友人と2人、この映画1本で色んなこと喋った思い出があります。
監督が亡くなられたのを知って、思い出がものすごく遠い過去になったような気がします。
観たいと思いつつ当時観ることが出来なかった『愛のコリーダ』は未だに観れてないので
R18指定がついてたので当然門前払いだった(笑)
1人でこっそりいつか観たいと思います…レンタルする際に人の目が気になるかもだけど(^-^;

さて、『GHP』ですが真之介クリアして終了としました。
隠しクン気になってたんですが
乙女ゲテンション上げたままでいようと思って(^^;
王道・ベタなラブコメですが、最近の作品ではすごく面白かったと思います。
主人公に「万能聖女」的な性格設定が生かされているし
平凡といいつつ美少女で何でも出来る無個性主人公よりよほどいい(ヲイ)
ベタなりの安定感、お約束、超展開(いい意味で)
ラブコメでは必須だと思う善良な登場人物たち(一部除く)
20年位の少コミに載ってたマンガを彷彿とさせるストーリーだな、と
プレイしててずっと思っていました。
ルートによっては微妙な感じなのもありましたが…。
ただ、2周目以降のパラ上げドーピングは
デートでの心拍数越えのハラハラ要素がなくなるので
個人的にはなくてもよかったかも。

個人的には烏丸と征木ルートがよかったです。
烏丸は対等に2人が向き合って恋に落ちるさまがちゃんと描かれていましたし
征木は近すぎてわからなかった2人の思いがカタチになる姿が描かれていたので。
あと、プレイヤーサイドの代表のようなサブキャラ・皐月さんあっての
『GHP』だったと思います(笑)
クリア後、キャラがソロで歌うED曲もそれぞれ個性があって好きでした。
今も脳内ローテーションしてます。

乙女ゲ気分が結構盛り上がってきたので引き続き『ハトアリ』始めました。
興がのって新規の乙女ゲもできるようになれればいいな。

以下、真之介感想。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 乙女 Glass Heart Princess

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

星野 感想(Glass Heart Princess・3) 

 

星野クリア。

間に『レイトン教授と奇跡の仮面』を挟んだり
新規に同人乙女ゲーをプレイ開始したりして
結構時間を空けてしまいましたが、何とか3人目クリアしました。
ED曲に惹かれて隠しも攻略するつもりでいましたが
次に真之介をプレイして終わるつもり。

『レイトン~』をクリアする直前まで
気分的に下降し続けていたせいで色々と思ってたこと
(神戸の震災のこととか)他の場所に記事にもせず
終わってしまったのですが、先週末あたりから浮上してきました。
…ゲーム以外はね(´-д-)-3
ゲームをやりたくない時期にゲームを買ってしまうのは
どういう了見か?と自分自身でも思うし
沢山ある積みゲー何とかしろ、とも思うのですが
もう、どうでもいい気がしてきました(笑)
ソフトなんざ山と積みまくってやるぜ!!(ヲイ)
だもんで。
一般ゲーは『タイムトラベラーズ』『ダンガンロンパ2』を
そして、乙女ゲーは
『ハトアリ』…三月兎だけ。
『クロアリ』…内藤さん、トカゲだけ。
『ジョカアリ』…上に同じ。
好きなソフトを好きな部分だけプレイすることにいたしましたよ。
その後、PSP版の『三国恋戦記』をプレイ予定。
ブロガー様の感想読んで耐えられず買っちゃいましたよ。
文若さんの懊悩を見たくて見たくて(笑)
あと杉田の声が聞きたい、聞きたいんだよ。

『GHP』のパラ上げ、本当に必要なの…?
今回、イベントを起こすために必要なL-mitってのだけ上げたんですが
8週目あたりで既にAクラスまで上がっちゃって鍛錬の意味ないんですが…。
HBMの上限もデートクリアするごとに勝手に上がっていくし
Imageってのも攻略に特に必要ないような気がするし
「これじゃないと先に進めない」ってのがない気がして
パラ上げ大好きなワタクシのテンションは下がり気味なのです。
これないと単なるAVGだし、もうそう思っていいのかな?
パラ上げ失敗→BAD ENDっての面倒でユーザーに嫌がられるから
ある程度はないと困るけどなくても差し支えないって程度に
抑えてるんだろなってのはわかるの。
でも…萌えはあっても燃えがないのよね(笑)

以下、星野感想。
-- 続きを読む --

category: 乙女 Glass Heart Princess

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 2

△top

朝比奈 感想(Glass Heart Princess・2) 

 

朝比奈クリア。

今まで乙女ゲーの発売情報はパッケージ版のみで
DL専用のものはupしてこなかったんですが
(今のところDLしてプレイするつもりがないため)
今後DL販売とか増えるようならあげてった方がいいんだろか。

PS4が今春発売か?とか、中古ソフト排除の特許をSONYが取ったとか
そういうのみて色々と自分なりに思うことはありますが
それはそれとして(笑)

Xbox以外のハードはほぼウチにあったりするのですが
据置機って使う機会があまりないんですよね。
特にPS3はPS3としてプレイしたのはベヨネッタとBASARAぐらい?
音質も画像も綺麗なんでしょうが旧式のTVに繋げたらよくわかんないし
何よりもぬるゲーマーが楽しめるソフトがPS3にはない…。
ウチは互換性のあるPS3なので旧作ソフトも楽しめていますが
PS4って互換性ないしプレイしたいソフトも数少ないだろうし
なおかつ中古ソフト排除機能とかつけるようなことがあれば…そら、買えないわ(笑)
ずーっと昔から思ってるんですけど、とりあえずいいソフトをください。
ソフト充実しないまま次世代機ってのは抵抗があります。
あと中古ソフト売買の利益が少しでもソフト制作会社に流れるようにしないと。

…ってなわけで『GHP』ですが。
2周目から出るアイテム?のせいかパラ上げがラク…どころか
後半パラ上げ必要ない?と思わせるような上昇気流に乗りました。
HBLだっけ?心拍数上限値を上げるのも基準値を下げるのも簡単すぎて
1周目の心臓振り切れるようなドキドキ感はなくなりました。
その分、安心して攻略できますけどね。
あと、選択次第で相手の好みのタイプになるImageも
組み合わせとかほぼわからないし好みのタイプになったら何か変わるのか
それも表示がないのでわからない(相手のコメントが出るが悪くなっても好感度変わらなさそう)
2周めも心臓ブチ切れることなくうまく攻略できたせいか
「このパラ上げ自体攻略に必要ないんじゃないか?」と思えて来ました(笑)
好感度表示とかもないんだよね…私が気づいてないだけか?

エンディング曲は同じ曲をそれぞれキャラがソロで歌うんだというのに
朝比奈ルートで気づいたので、慌ててたつんVerを聞きなおしました。
個別ED曲ってのもいいけど、こういうのもいいね。

以下、朝比奈感想。
-- 続きを読む --

category: 乙女 Glass Heart Princess

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

烏丸 感想(Glass Heart Princess・1) 

 

烏丸クリア。

連休最後。
昨日は1日ゲームの日でしたが今日は無理そうなので
お昼食べつつ記事上げて、あとは何かしよう、何か。

乙女ゲープレイ意欲はそないに上がってないので
いつもならノリが大好きなTAKUYOゲーでテンション上げ、なのですが
今回あちこちで評判のよい『Glass Heart Princess』をプレイしとります。
1周目終わっての感想など。

完全無敵のお嬢様を襲った「硝子症候群」。
心拍数が一定量を越えると死ぬ、心臓を鍛えるという対処療法しかない奇病。
だが、元から心身を鍛えてるお嬢様には心臓を鍛えるショック療法がなく
唯一の弱点、恋愛力皆無という部分からしか心臓を鍛える術がない。
執事・メイドの2人の協力により恋愛するべく相手探しを始める
…ってな、物語なのですが(うろ覚え)

システムが今までのオトメイトにないくらい画期的ってか
攻略対象選ぶためのキューピットの矢システムとか心臓Lv.上げのSLG部分とか
結構やるべきことがあったり
デート部分では心拍数のリミットを越えるとデート失敗になるので
主人公の心拍数の上下動をハラハラして見守ることになるのですが
それで命を落とすとか怖い結果にならないのが救い。

キャラクターも主人公にも色がある、周りのキャラも個性的だけど善人。
攻略対象も見た目と中身が全て違っています。
オトメイトは無色透明無個性の主人公が多いので
才色兼備で大金持ちなお嬢様だけど気取らないという個性を
主人公につけてくるのは珍しいかもです。
あとサブキャラであるオタクメイドの皐月さんの威力はハンパないです(笑)

ざっくりいうとTAKUYO風のラブコメ乙女ゲーを
オトメイトが作ってみたらこんな感じ?って印象かな(^-^;
絵が苦手で避けていましたが、中身は相当に工夫が凝らされてて楽しいです。
これなら全クリいけるかもしれない…私でも。

糖度ですが、病気の関係で独自ルートに入るまで甘くないですが
後半、さすがオトメイトって感じで甘くなりますよ。

以下、烏丸感想。
-- 続きを読む --

category: 乙女 Glass Heart Princess

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。