Winnie-The-Pooh Mugcup Collection

++恋も Kissも セクシーも 少し待って 「二次元」で補給++

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

神々の黄昏(Bloody Call・3) 

 

久神・黎明・ジンルートクリアでコンプ。
アルバムでいくつかイベント見て終了。

とりあえずGood ENDを一通り見て
置かれてた伏線は一応回収されたよう。
ゴリ押し展開っぽい部分もあったりはしましたが
(マスターがNEDE衣装つけてるカインと普通に喋ってたり
ハルフィスの薬がエン=ソフにしか効かなかったり)

面白かったです。

個人的には司狼ルートが1番盛り上がれました。
最初に攻略したので甘くないなぁ…と思ってましたが
全体を通して見ると彼のルートが1番甘かったのかもしれません。

過去記事にも書きましたが、スチル・アニメは美麗
特にジンのENDスチルのカッコ良さには心奪われました。
システムもきめ細やかで
好意度確認ページでキャラのセリフが聞けるだけでなく
(おそらく)好意度によってメッセージが変わるなんて
ワタシ、さっきまで気付かなかったですよ(汗)
キャラの過去を描く部分も手を抜かず丁寧
ストーリーも展開に「ええーっ!?」と思った部分があるものの(笑)
エッジが効いてるので盛り上がれます。
ただ、その分恋愛要素が薄いので
恋愛部分はやっぱりもう1つ2つぐらい
イベントが挟んであってもよかった気がします。
あと、エン=ソフの過去がドライに語られていましたが
もうちょっと湿っぽくなってもよかったかも。
おまけに登場キャラのショートストーリーが入ってるとか(欲出すな)

『Bloody Call』終わっちゃったので、次は何プレイしていこうかな…。
ずいぶん前から「平川&浪川補給がしたい…」とか
言ってた気がするんですが…「とりあえず癒されたい」とか。
『クロアリ』始めると年越しそうだもんなぁ。


以下、久神・黎明・ジンルート感想(ネタバレありです)
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 乙女 Bloody Call

tb: --   cm: 0

△top

ラインの黄金(Bloody Call・2) 

 

カイン・渉ルートクリア。
久神ルートももうすぐクリアといったところ。
今やってる久神センセのスチルが1番キレイな気がする今日この頃。

久神ルートでNEDEのボスの裏事情などが垣間見れ
意図して攻略順を決めたわけではないのですが
NEDEとフライコール、主人公の出生の秘密などに
徐々に近づいてる気がして嬉しいです。
久神ルートから分岐するノーマルEND?などがあるようですが
とりあえず黎明&ジンのENDを見て終了の予定。
悲恋?ENDもあるようですが、攻略キャラの
あの背後を背負っての悲恋はちょいと辛いので見ない予定。

独自ルートじゃないと敵サイドの攻略キャラが救えないのは辛いですね。
ハルファスは2回ほど死んでしまったし
カインは「守るべきもの」を失って殆どのルートで自棄しちゃうし。

最初登場した時から思ってたんですけど
何故にマスターは攻略キャラじゃないんでしょうね(爆)
もしPSP版に移植されることがあったとしたらば
マスターとアベルは
攻略キャラに入れてもいいんじゃないのでしょうか。


以下、カイン・渉ルート感想です(ネタバレあり)
-- 続きを読む --

category: 乙女 Bloody Call

tb: --   cm: 0

△top

魔弾の射手(Bloody Call・1) 

 

司狼ルートクリア。

『ハトアリ』クリア後、何やかやでバタバタとして
まとまった時間が取れずに、とびとびプレイしていた
『Bloody Call』ですが、ようやっと1人目クリア出来ました。
…なんか、長かったような気がする、とても。

Twitterでもボチボチ書いてたのですが
スチルはすごく綺麗です。
武骸という刺青から武器を取り出すシーンに使われてる
エフェクトもポージングもカッコいい。
初回プレイ時のPASS登録とプレイ毎のディスク確認は
コピー防止のためなら仕方ないのかも…と思いつつも
それほど負担には感じませんでしたし、システムも快適です。
キャラの背負ってるモノもしっかり描かれてますし
文章も破綻がなくスッキリしてて内容も面白かったです。
司狼ルートクライマックスで感極まりそうになり思わず泣きそうに(爆)

ただ、お互いの気持ちが通じ合っていくエピソードが
少なすぎるような気がするのは気のせいでしょうか…。
最初、相容れない(私ならマスターの元に行く、と思った)存在から
お互いを知って分かり合っていく様が
「日が経つにつれ気持ちが通じ合ってきた」の1行で片付けられてたり
(次の瞬間には優しく甘い言動に変わってるのには驚きました・笑)
気持ちの変化がイベントじゃなく数行の文章で終わるのが気になりました。
あと、見たいと思うような戦闘シーンやENDもなかったりして
「ええーっ?」って思うような場面もありました。

主人公は素直でしっかりモノ。
最初はネガティブですが、いざと言う時は強いです。
糖度は…今のところかなり控えめかも。
次は途中退場して気になってるカイン@浪川、いってきます。

以下、司狼ルート感想(ネタバレあります)
-- 続きを読む --

category: 乙女 Bloody Call

tb: --   cm: 2

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。